男の子の育児には、もっと「父の力」が必要だ

「しからない育児」には限界がある

男の子の面白さのひとつは、この真っすぐな感覚です。大人になるにつれて、この真っすぐな迷いのなさがだんだんと失われていきます。

ですから、子ども時代特有の真っすぐで純粋な生き方を、お母さんも見守って、そこを面白がってしまいましょう。

『うちの息子ってヘンですか?』書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

時には、息子の足りないところを指摘し、ダメなところを怒る場面があってもいいと思います。でも、それと同じくらいに、いえ、それ以上に息子の良いところを見つけて、褒めてほしいのです。

大好きなパパやママに認められ、褒められることは、息子にとって天にも昇る喜びです。思い出してみてください。あのときもこのときも、息子さんは必ずえもいわれぬ満面のいい笑みを向けてくれたでしょう。

では、褒めるにはどうしたらいいのでしょう? たまに「うちの子、褒めるところなんてないですよ」という親御さんに出会います。でも、褒めるところは必ずあります。そのためのコツは視点を変えることです。

たとえば、わが子の「純粋」な性格は、視点を変えれば「頑固」とか「融通が利かない」という否定的な見方につながります。でも良くとらえるのも悪くとらえるのも、親次第です。「うちの子は気持ちが真っすぐで、集中力がある!」と、意識的に長所としてとらえれば、わが子へのダメ出しはグンと減ります。それに、物事は肯定的にとらえたほうが親の精神衛生にもいいはず、ストレスもたまりにくいはずです。

わが子の褒めポイントは、お父さんやお母さんのまなざし、わが子をどう見るかにかかっているのです。

お母さんには、息子とのズレを楽しんでほしい

ここまで、「オタク」「プライドが高い」「純粋」と男の子の主な特性を3つ、紹介してまいりました。それでも、お母さんにしてみると、「男の子って大変!」「男の子がわからない!」という思いは拭えないかもしれません。

それでは、お母さんは、息子がどんな子どもだったらうれしいかというと――。

「言うことを聞いてくれる子」
「ちゃんと落ち着いてご飯を食べてくれる子」
「突然走り出さない子」
「人前でパンツを脱がない子」

 

たぶんこんなところではないでしょうか。なんだか志が低いような気がしますが、それだけ、日々言うことを聞いてくれず、困っているということだと思います。

しかし、当の本人は、お母さんが何を怒っているのか本当にわかっていません。きっと「僕は普通なのに、お母さんが変!」くらいに思っていることでしょう。

このズレこそが、お母さんの男の子に対する怒りや困惑の原因です。

次ページズレに対する意識を少し変えてみよう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。