超実践的!大人を唸らせるハーバードの授業

あの有名な「白熱教室」は一断面に過ぎない

ハーバードの授業はなぜ大人たちを唸らせるのか?(写真:筆者撮影)

「コミュニケーションの技とコツ」

「政治家になる!」

「説得術:効果的に人を動かす方法と科学」

上のタイトルは何を示しているかわかるだろうか。「都内で開かれている怪しい自己啓発セミナー?」と思われた人もいるかもしれない。実はハーバードの大学院で開かれている授業の名前だ。

100人以上のノーベル賞受賞者を生み、知のトップを走るハーバード大学。難しい学問を教えているイメージがあるかもしれないが、実践的な教育も売りだ。なかでもその道のプロを育てる大学院(プロフェッショナルスクール)では、最先端の学問を身につけるより、学問をどう生かすかに力を入れている。私が学ぶケネディスクールもそんな大学院のひとつ。

前回記事でも紹介したとおり、筆者の所属する修士課程は学生の平均年齢が38歳。キャリアをさらに発展させたい大人の学び直しの中身が、実務に役立たない机上の空論では話にならない。それでは世界トップの大人の学校は、いったい何を教えているのか。今回は今、ハーバードで大人たちが熱烈に支持する授業を紹介したい。

あの白熱教室で教授が「話さない」ワケ

「おい、お前、偉そうなんだよ!」

こんな怒号が飛びかう授業がある。ケネディスクールで最も人気が高い、ロナルド・ハイフェッツの「リーダーシップを発揮する」だ。

同授業はNHKの人気番組・白熱教室でも取り上げられた。だがNHKの番組はハイフェッツが講義をする短期のワークショップ形式。ケネディススクールで実際に開く“リアル”白熱教室では、ハイフェッツはほぼ講義をしないし話さない。

「授業なのに教えない」とはどういうことか。

次ページモメ始める生徒たち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。