超実践的!大人を唸らせるハーバードの授業

あの有名な「白熱教室」は一断面に過ぎない

ハーバードの授業はなぜ大人たちを唸らせるのか?(写真:筆者撮影)

「コミュニケーションの技とコツ」

「政治家になる!」

「説得術:効果的に人を動かす方法と科学」

上のタイトルは何を示しているかわかるだろうか。「都内で開かれている怪しい自己啓発セミナー?」と思われた人もいるかもしれない。実はハーバードの大学院で開かれている授業の名前だ。

100人以上のノーベル賞受賞者を生み、知のトップを走るハーバード大学。難しい学問を教えているイメージがあるかもしれないが、実践的な教育も売りだ。なかでもその道のプロを育てる大学院(プロフェッショナルスクール)では、最先端の学問を身につけるより、学問をどう生かすかに力を入れている。私が学ぶケネディスクールもそんな大学院のひとつ。

前回記事でも紹介したとおり、筆者の所属する修士課程は学生の平均年齢が38歳。キャリアをさらに発展させたい大人の学び直しの中身が、実務に役立たない机上の空論では話にならない。それでは世界トップの大人の学校は、いったい何を教えているのか。今回は今、ハーバードで大人たちが熱烈に支持する授業を紹介したい。

あの白熱教室で教授が「話さない」ワケ

「おい、お前、偉そうなんだよ!」

こんな怒号が飛びかう授業がある。ケネディスクールで最も人気が高い、ロナルド・ハイフェッツの「リーダーシップを発揮する」だ。

同授業はNHKの人気番組・白熱教室でも取り上げられた。だがNHKの番組はハイフェッツが講義をする短期のワークショップ形式。ケネディススクールで実際に開く“リアル”白熱教室では、ハイフェッツはほぼ講義をしないし話さない。

「授業なのに教えない」とはどういうことか。

次ページモメ始める生徒たち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT