超実践的!大人を唸らせるハーバードの授業

あの有名な「白熱教室」は一断面に過ぎない

私は「チーム・メキシコ」のメンバーとしてアメリカ、ナイジェリア、ルワンダの生徒らとグループを組んでいる。日本から来たというだけで、「ホンダやパナソニックの国なら製造業に詳しいだろう?」と言われ、メキシコの工業分野を担当することになってしまった。

ほかのクラスメイトも日本、アメリカ、中国、EUなど13の国・地域に分かれ、11月中ごろに丸一日をかけて多国間交渉に臨む。経済学では正しいとされているTPP(環太平洋経済連携協定)のような自由貿易がなぜもめるのか、頭だけでなく体でも理解せさようとする狙いがある。

生徒が選べる授業は実に5000種類!

今年ケネディスクールが開く授業は約300。学生はビジネスやロー、教育、パブリックヘルス(公衆衛生)、工学、神学などの各大学院、ハーバードカレッジとよばれる学部、学者を目指すものが学ぶ博士課程(PhD)の授業も受けられる。さらに親交の深いマサチューセッツ工科大学(MIT、ハーバードから地下鉄で2駅)など他大学の授業も取れる。すべてを合わせると、選択肢だけで優に5000は超えるだろう。

だが実際に取れる授業はせいぜい年間10ほど。予習や復習、ほかの生徒と共同で取り組むグループワークなどをこなしながらだと、これが限界だ。キャリアの途中で貴重なカネと時間を使い、受けられる授業数がこれだけとなると、選ぶほうは必死にならざるをえない。

だから授業を選ぶ際に、「いま何を学ぶべきで、学ぶべきではないのか」、「私はそのキャリアを本当に望んでいるのか」と自らに問うことを迫られる。こうして、大人のハーバード生たちは、迷いながらも自らの生き方をつねに問い、少しでも正しい答えに近づこうと模索している。

今のあなただったらどんな授業を選ぶだろうか。これからのキャリアや人生に何が必要で、何が要らない?そうやってハーバードの授業を眺めてみるのも面白いかもしれない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。