ハーバードで考えた、純ドメ日本人の「価値」

「同じ30代でも専門性が違う!」と絶句

最強グローバルエリートに対して、日本人はどう戦えるのか!?(写真は筆者が通うハーバードケネディスクールの風景)

※前回記事:東大を抜いた「学費・家賃タダ」の大学の正体

日本で教育を受け、日本企業で9年間働いた純国産のサラリーマンが、海外産のグローバルエリートと同じ土俵に立って、対等にやりあえるのだろうか。そんな自らの“市場価値”を思い知らされる局面が留学にはある。

世界の大学院で日々繰り広げられる「グループワーク」だ。

世界中から集まった同級生たちとチームを組む。上下関係のない対等な立場で協力しながら、時には反発しあい、レポートやプレゼンをやりとげる。

職業や年齢、文化も違う多様な人材との共同作業は、グローバル社会を知る貴重な体験にもなる。だが決して楽しさばかりではない。むしろ苦労やショックの方が多い。

今回は私が味わった、グローバルエリートへの「完全なる敗北」についてお話ししたい。

「まかせとけ!」と言いたいが、実際は……

この連載の過去記事はこちら

「テツは記者だよね?それなら学期を締めくくる“最終レポート”を編集してくれない?」

シンガポール国立大学(NUS)の大学院で学んでいた今年の4月。政策分析という宿題に取りくんでいた時だった。仲間のひとりであるシンガポール財務省の女性が、私に重要な仕事を振ってきた。

学期のまとめとなる「最終レポート」は、グループ全員の成績を決める最も重要なもの。大きなミスがあれば、卒業できない可能性もある。編集といえば、メンバーから渡された各項目をまとめ、導入や結論を考え、完成した小論文に仕上げるという大切な仕事だ。

「まかせてくれ。みんなの答えを参考にしながら、レポートを完成させるよ。誤字脱字の確認に加え、文章も整えるよ」

と言いたいところだが……。

次ページ記者なのに「日本語」という武器を奪われた私は…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT