証拠が救世主に!使える「浮気LINE」の残し方

スキルがなくても、有効な証拠集めはできる

SNSが原因で配偶者の浮気が発覚するケースが増加中(写真:poosan / PIXTA)

LINEにTwitter、Facebook――。様々なSNSが花盛りの昨今では、こうしたツールが原因で配偶者の浮気が発覚するケースが増えている。

浮気が確実なものであれば、裁判で離婚できる。しかし日本ではどんなに離婚したくとも、いきなり離婚訴訟を起こすことはできない。当事者同士で協議して折り合わなければ、次のステップは調停員を間に挟んで話し合う離婚調停になる。

どの過程でも大切なのが、証拠だ。不貞行為の確実な証拠があれば、裁判はもちろん、交渉や調停も有利に進めることができる。

たくさんの証拠で「合わせ技一本」を狙う

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

例えば近年、ベッキーさんの不倫騒動などでも注目を浴びたLINE。LINEをきっかけに配偶者の浮気が分かった場合、どのように証拠を残したらよいのか。事例をもとに、IT法務に詳しい木村康紀弁護士に意見を聞いた(以下、木村弁護士)。

不貞行為の証拠を集める際は、以下の3点を意識するとよいと思います。

(1)一つの証拠だけで戦わない。最初に見つけた証拠をきっかけにたくさんの証拠で「合わせ技一本」を目指す
・離婚訴訟で不貞行為があったことを認めてもらうのはハードルが高い
・ラブホテルや不倫相手と行ったと思われるレストランの領収書、クレジットカードの明細書なども有力な証拠になりうる
・最近はLINEをはじめ、自分で集められる証拠が増えている
(2)なるべく改ざんを疑われないような残し方をする
・デジタルデータは転送せず、画面をそのまま撮影する
・LINEは一括ダウンロードも有効
(3)プライバシー侵害や不正アクセス禁止法に抵触しないように気を付ける
・プライバシー侵害を避けるために、浮気の事実を掴んだ上で、相手に自ら見せてもらう手も
・不正アクセスを避けるために、カギとなるのが「機内モード」
・相手のSNSへのログインを試すのは危険
次ページ夫のスマホに女性からのトークがポップアップ!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT