恐怖!SNSに「性的嗜好」を晒していませんか

本人が気付かないうちに起きていること

誤爆、それはむき出しの本心。無理のあるキャラクター設定にしなければよかったのに

純情可憐、虫も殺さぬようなアイドルが、突然、「あのプロデューサー、マジでキモい!死ね」なんていう暴言を吐いたら、誰だってビックリしちゃいますよね?でもこれ、実際に起きているんです、起きちゃうんです。そう、SNSならね。

芸能人のSNSでよくありがちな失敗なんですが、例えばファン向けの公式アカウントの他に、プライベードで友人とやり取りするアカウントを持っているとします。

公式アカウントでは、当然タレントイメージを意識した投稿をしますよね。ファッションやスイーツ系の写真なんかも載せちゃったりして。

一方のプライベートアカウントでは、気心の知れた友人とのやり取りですから、本音やら暴言やら、タレントイメージとはかけ離れた投稿なんかもするわけです。

うっかり公式アカウントで暴言!

この連載の記事一覧はこちら

この2つのアカウント、ログインを切り替えながら使っているのですが、うっかり公式にログインしたまま、プライベートな投稿をしてしまうと……冒頭のブッ飛び投稿がされてしまうんですね。さっきまでスイーツ食べてたのに、急に「キモい死ねっ」ですから、まあ、ファンもビックリですよ。

これはいわゆる「誤爆」と呼ばれるSNSでの失敗ですが、実は芸能人に限らず、ごく普通の会社員でも壮大な「誤爆」をしてしまうことがあります。

次ページハンバーガーチェーンで起きたこと
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。