恐怖!SNSに「性的嗜好」を晒していませんか

本人が気付かないうちに起きていること

誤爆、それはむき出しの本心。無理のあるキャラクター設定にしなければよかったのに

純情可憐、虫も殺さぬようなアイドルが、突然、「あのプロデューサー、マジでキモい!死ね」なんていう暴言を吐いたら、誰だってビックリしちゃいますよね?でもこれ、実際に起きているんです、起きちゃうんです。そう、SNSならね。

芸能人のSNSでよくありがちな失敗なんですが、例えばファン向けの公式アカウントの他に、プライベードで友人とやり取りするアカウントを持っているとします。

公式アカウントでは、当然タレントイメージを意識した投稿をしますよね。ファッションやスイーツ系の写真なんかも載せちゃったりして。

一方のプライベートアカウントでは、気心の知れた友人とのやり取りですから、本音やら暴言やら、タレントイメージとはかけ離れた投稿なんかもするわけです。

うっかり公式アカウントで暴言!

この連載の記事一覧はこちら

この2つのアカウント、ログインを切り替えながら使っているのですが、うっかり公式にログインしたまま、プライベートな投稿をしてしまうと……冒頭のブッ飛び投稿がされてしまうんですね。さっきまでスイーツ食べてたのに、急に「キモい死ねっ」ですから、まあ、ファンもビックリですよ。

これはいわゆる「誤爆」と呼ばれるSNSでの失敗ですが、実は芸能人に限らず、ごく普通の会社員でも壮大な「誤爆」をしてしまうことがあります。

次ページハンバーガーチェーンで起きたこと
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。