震災で人命を救うスマホとSNSの巨大潜在力

災害に勝つために「スマホ力」を鍛えておこう

緊急時ではスマホとSNSが多くの命を救います

この記事を書いているさなか、熊本・大分地方で大きな地震が発生しました。多くの犠牲者が出ており、現在も地震・災害が継続しています。今回の震災で命を落とされた方のご冥福を祈るとともに、被災された方々には心からお見舞い申しあげます。

こうした災害時に活躍するのがスマートフォンを通じて使用するツイッターやLINEなどのSNSですが、そこには注意点もあります。今回の地震でもデマ投稿が散見されており、注意が必要です。

今回は、特別編として災害時におけるSNSとスマホの効能と注意点についてご説明したいと思います。

命を救ったツイッター投稿

この連載の記事一覧はこちら

まず写真のツイッター(イメージ)をご覧ください。これは、5年前の3月11日、東日本大震災の当日に投稿されたものです。

“私の母が、子供たちと気仙沼の公民館に取り残されている”

宮城県気仙沼市からの助けを求める投稿なのですが、書き込み時刻は、なぜか地震発生前の午前8時。いったい何が起きていたのでしょうか?

実はこの投稿、被災地から書き込まれたものではなかったのです。「私の母」は気仙沼で被災、その状況を携帯メールで家族に伝えることができました。

“公民館の3階にいる。周りが火の海で、もうだめかもしれない”

そんな内容のメールを受け取った息子さんは、当然ですが慌てます。ですが、慌てた理由がもう1つありました。実は息子さん、その当時イギリスにいたのです。

次ページイギリスからの投稿に猪瀬氏が即対応
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。