震災で人命を救うスマホとSNSの巨大潜在力

災害に勝つために「スマホ力」を鍛えておこう

緊急時ではスマホとSNSが多くの命を救います

この記事を書いているさなか、熊本・大分地方で大きな地震が発生しました。多くの犠牲者が出ており、現在も地震・災害が継続しています。今回の震災で命を落とされた方のご冥福を祈るとともに、被災された方々には心からお見舞い申しあげます。

こうした災害時に活躍するのがスマートフォンを通じて使用するツイッターやLINEなどのSNSですが、そこには注意点もあります。今回の地震でもデマ投稿が散見されており、注意が必要です。

今回は、特別編として災害時におけるSNSとスマホの効能と注意点についてご説明したいと思います。

命を救ったツイッター投稿

この連載の記事一覧はこちら

まず写真のツイッター(イメージ)をご覧ください。これは、5年前の3月11日、東日本大震災の当日に投稿されたものです。

“私の母が、子供たちと気仙沼の公民館に取り残されている”

宮城県気仙沼市からの助けを求める投稿なのですが、書き込み時刻は、なぜか地震発生前の午前8時。いったい何が起きていたのでしょうか?

実はこの投稿、被災地から書き込まれたものではなかったのです。「私の母」は気仙沼で被災、その状況を携帯メールで家族に伝えることができました。

“公民館の3階にいる。周りが火の海で、もうだめかもしれない”

そんな内容のメールを受け取った息子さんは、当然ですが慌てます。ですが、慌てた理由がもう1つありました。実は息子さん、その当時イギリスにいたのです。

次ページイギリスからの投稿に猪瀬氏が即対応
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。