「歩きスマホ」、どうして目の敵にされるのか

悪いのはスマホではない!

時代の移り変わりと共に…

いやあ、先日とんでもないモノに遭遇しました。竿ダケ屋の軽トラックがのんびり走っていたんですが、なんだか様子がおかしい。運転席に目をやると、何とそのドライバー、文庫本を読みながら運転していたんですよ!

思わず荷台の竿ダケでひっぱたいてやろうかと思いました。

運転しながら、歩きながら…今も昔もダメです

この連載の記事一覧はこちら

もちろん、こんな光景を目にすることは稀だと思いますが、信号待ちでスマホをいじっているドライバーなら、けっこう見かけますよね。街中では「歩きスマホ」もよく見る光景です。どちらも危ない、良くない行為、なんですが……

「歩きスマホ」「ながらスマホ」

実は私、この「●●スマホ」という表現があまり好きではないのです。まるでスマホのせいで起きているみたいですよね。「えっ?だってそうでしょう?」と思われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか。

ほんの十数年前まで、サラリーマンの朝の出勤風景なんて「歩き新聞」だらけでした。もっと昔なら、プラス「歩きタバコ」でしたよね、危ない危ない。

さらに時代を遡れば、かの偉人、二宮金次郎。歩きスマホの元祖みたいな方です。現代でも通用するような合理的な経済政策を打ち立て、思想家・実践家としても名を馳せた二宮金次郎ですが、万が一、当時の彼が銅像のように夢中になって読書をしているタイミングでふらふらと馬車にアタックしていたら、その後の話も大きく変わっていたでしょう。

もちろんコレ、昔のサラリーマンや偉人の金次郎でさえもやっていたことだから「歩きスマホも問題ないんじゃね?」という話ではありません。全部ダメです。

次ページ周りに迷惑をかけるからダメ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT