自撮り写真の公開が思わぬ情報流出を招く

瞳の中にさまざまなものが映っている

何気なく撮った写真が、思わぬ情報流出につながる!?(写真 : Kazuhiro Konta / PIXTA)

FacebookやInstagramなど、日本でも生活に密着したSNSが頻繁に利用されています。そのなかで、友達や家族と行った旅行の写真や、何気ない日常を撮影した写真を公開している方も多いと思います。

SNSが普及した当初に比べ現在は、ユーザーのネットリテラシーの向上によって、写真をアップする際にプライバシーや肖像権を侵害しないように、個人情報の特定につながるものにはモザイクをかけて投稿する人もいます。しかしウェブ上で写真を公開するうえで、思わぬところでプライバシーが危険にさらされているをご存じでしょうか。

自撮り写真から読み取れる情報

この記事は「フェイスブックナビ」(運営:オールアバウトナビ)の提供です

最近のスマートフォンのカメラは、一昔前では考えられないほど高性能・高画質になっています。きれいな写真が手軽に撮れるというメリットの一方で、それにより思わぬ危険を呼び込む可能性もあります。

たとえば、最近流行の「自撮り写真」。カメラの性能が向上し、画質のみならずフィルター機能を活用して楽しんでいる人もいますよね。しかし、この自撮り写真が、気づかないところで必要以上の情報を露出していることがあるのです。

次ページ写真に潜むリスクとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT