自撮り写真の公開が思わぬ情報流出を招く

瞳の中にさまざまなものが映っている

何気なく撮った写真が、思わぬ情報流出につながる!?(写真 : Kazuhiro Konta / PIXTA)

FacebookやInstagramなど、日本でも生活に密着したSNSが頻繁に利用されています。そのなかで、友達や家族と行った旅行の写真や、何気ない日常を撮影した写真を公開している方も多いと思います。

SNSが普及した当初に比べ現在は、ユーザーのネットリテラシーの向上によって、写真をアップする際にプライバシーや肖像権を侵害しないように、個人情報の特定につながるものにはモザイクをかけて投稿する人もいます。しかしウェブ上で写真を公開するうえで、思わぬところでプライバシーが危険にさらされているをご存じでしょうか。

自撮り写真から読み取れる情報

この記事は「フェイスブックナビ」(運営:オールアバウトナビ)の提供です

最近のスマートフォンのカメラは、一昔前では考えられないほど高性能・高画質になっています。きれいな写真が手軽に撮れるというメリットの一方で、それにより思わぬ危険を呼び込む可能性もあります。

たとえば、最近流行の「自撮り写真」。カメラの性能が向上し、画質のみならずフィルター機能を活用して楽しんでいる人もいますよね。しかし、この自撮り写真が、気づかないところで必要以上の情報を露出していることがあるのです。

次ページ写真に潜むリスクとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。