ツイッターが「シェア数表示」を止めた事情

傘下企業からの有料データ提供に限定

Twitterのシェア数表示廃止はパブリッシャーにも影響を与えている(写真:ロイター / アフロ)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

Twitterなどのソーシャルプラットフォームは、絶え間なくアップデートを繰り返しているような印象を与える。

ニュースサイト「スレート(Slate)」の幹部は2015年11月20日、自社サイトからTwitterのシェア数(シェアカウント)表示が消えていることに驚いたという。ソーシャルサービスにおける記事の重要度をモニタリングするのに、シェア数表示を利用していたのだ。「我々は不意を突かれた」と「スレート」のダン・チェック副会長は認めた。

多くのパブリッシャーに影響

シェアボタンのシェア数表示を廃止したTwitter。「スレート」だけでなく、記事ページにカウント表示していた「ハフィントン・ポスト」や「エンターテインメント・ウィークリー」などのパブリッシャーにも影響を与えている

Twitterは、2015年10月6日にブログで今回の変更を発表。同年11月20日には、すべてのシェアボタンから数字が消えた。Twitterのシェアボタンは、記事の上部に「Facebook」「Google+」「LinkedIn」といった共有プラットフォームのシェアボタンと並んで設けられていることが多い。

次ページ合計シェア数にも影響
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT