月間50億pv突破、Buzzfeedは何がスゴイか

パブリッシャーに贈る創業者の言葉とは?

ジョナ・ペレッティが率いるBuzzFeedは躍進を続けている(写真:ロイター/アフロ)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

「BuzzFeed」は2015年11月、月間のコンテンツのページビューが50億ビューに達したことを、同社創業者兼CEOのジョナ・ペレッティ氏が「BuzzFeed blog」にて明らかにした。

これは「BuzzFeed」のWebサイトとアプリ、そしてソーシャルチャンネルを合わせたトータルの数字だ。好き嫌いはあろうが、いずれにせよ、パブリッシャーたちにとって無視できないメディアであるのは間違いない。

「BuzzFeed」が成功した理由とは?

「BuzzFeed」の成功は、もっともユーザーに開かれたプラットフォームの活用を見分けてきたことだろう。2015年5月、「BuzzFeed」はFacebookへのビデオ配信を開始した。

アナリティクス企業タビューラー・ラボ(Tubular Labs)によると、現在、Facebookにおける「BuzzFeed」のビデオ投稿の平均視聴数は、280万回/日となっている。タビューラー・ラボが集計するFacebookでもっとも視聴されたクリエイター・リストで、「BuzzFeed」が1位になることもしばしばあるという。

2015年11月12日、ロンドンで代理店マインドシェア(Mindshare)が主催したイベント「ハドル」。そこで「BuzzFeed」創業者兼CEOのジョナ・ペレッティ氏(TOP画像)は、いままで「BuzzFeed」運営から学んできたことを、ほかのパブリッシャーのためにシェアすることを考えていると語った。

次ページペレッティ氏が最も気にかけていることとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。