意外!広告市場で「タブレット」が伸びていた

いまデジタル広告で起きていること

グローバルで見たデジタルマーケティングのトレンドはどのようになっているのか(写真 :DamianTan / PIXTA)

アドビシステムズは10月20日、2015年第3四半期の「Adobe Digital Index」を発表した。インターネット上でのマーケティングや広告、ソーシャルメディア活用の動向を知るための材料となる3カ月ごとのレポートだ。Adobeはクリエイティブに加えてデジタルマーケティングをビジネスの柱に成長させており、「Adobe Marketing Cloud」で分析されたデータを元にしている。

四半期ごとに、定点観測的にみて、グローバルで見たデジタルマーケティングの現在のトレンドがどのようになっているのか。

グーグルのシェアがダウン

2015年第3四半期の大きなトレンドは、世界的な景気減速。いくら広告やマーケティングのデジタル化が進行中とはいえ、デジタルマーケティング市場を停滞させるには十分大きな影響を及ぼしている。

特に影響が大きかったのは欧州とアジア太平洋地域で、2015年第3四半期の検索広告への投資はそれぞれ7%、2%と落ち込んだ。世界平均では10%で、米国の17%は引き続き牽引役となっている。

そうした現状の中で、グーグルに対抗するマイクロソフトの検索サービスBingは、伸び悩む地域でも、グーグルより高い成長率を記録していた。米国市場ではグーグルと拮抗し19%の成長であるが、欧州では米国と同じ19%成長(グーグルは9%)、アジア太平洋地域では10%成長(グーグルは2%)だった。検索エンジンへの広告出稿の平準化の流れが進むと見られる。

次ページ業種別で見ると?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT