「ビジネスインサイダー」が急伸した理由

ドイツ最大の新聞社が410億円で買収

「ビジネスインサイダー」は動画にも力を入れている(写真はビジネスインサイダーのサイト

ドイツの新聞最大手アクセル・シュプリンガーが2015年9月末、新興の経済情報サイト「ビジネスインサイダー」を3億4300万ドル(約410億円)で買収した。アクセル・シュプリンガーは英経済誌「フィナンシャル・タイムス(FT)」の買収で日本経済新聞と競合し、敗れた。そのことが、今回の買収を後押ししたとの見方もある。「ビジネスインサイダー」は若年層の人気を集める、米国で台頭するベンチャーキャピタル支援型の新興有力メディアのひとつだ。

誕生して8年の若いメディア

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

「ビジネスインサイダー」は2007年に、シリコンバレーのテックメディア「Silicon Alley Insider」として運用開始。2009年にアドサーバーサービス提供企業ダブルクリック(DoubleClick)の元CEO、ケビン・ライアン氏による出資で、「ビジネスインサイダー」として再ローンチした。それが6年後の現在、大手経済情報サイトの一角を担う存在に上り詰めたのだ。

「ビジネスインサイダー」は、しばしば批判を浴びた時期もある。過激なソーシャルブックマークサイト「Reddit」に誤解を受けそうなタイトルで記事を投稿したり、「現存する最もセクシーなCEOたち(the sexiest CEOs alive)」というビジネス誌としては少々下世話な内容の記事を掲載したり、格好の非難の的だったのだ。

そんな8年前に誕生したばかりの若いメディアに3億4300万ドルもの値がついたことで、業界に衝撃が走った。なにしろ、その金額は、同サイトにおける2015年の売り上げ予想の9倍と目される。最高経営責任者(CEO)兼編集長であるヘンリー・ブロジェット氏は、これまで批判を繰り返していた人々の鼻を明かしたのである。

次ページメディア業界が学ぶべきポイント
人気記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。