「ビジネスインサイダー」が急伸した理由

ドイツ最大の新聞社が410億円で買収

「ビジネスインサイダー」は動画にも力を入れている(写真はビジネスインサイダーのサイト

ドイツの新聞最大手アクセル・シュプリンガーが2015年9月末、新興の経済情報サイト「ビジネスインサイダー」を3億4300万ドル(約410億円)で買収した。アクセル・シュプリンガーは英経済誌「フィナンシャル・タイムス(FT)」の買収で日本経済新聞と競合し、敗れた。そのことが、今回の買収を後押ししたとの見方もある。「ビジネスインサイダー」は若年層の人気を集める、米国で台頭するベンチャーキャピタル支援型の新興有力メディアのひとつだ。

誕生して8年の若いメディア

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

「ビジネスインサイダー」は2007年に、シリコンバレーのテックメディア「Silicon Alley Insider」として運用開始。2009年にアドサーバーサービス提供企業ダブルクリック(DoubleClick)の元CEO、ケビン・ライアン氏による出資で、「ビジネスインサイダー」として再ローンチした。それが6年後の現在、大手経済情報サイトの一角を担う存在に上り詰めたのだ。

「ビジネスインサイダー」は、しばしば批判を浴びた時期もある。過激なソーシャルブックマークサイト「Reddit」に誤解を受けそうなタイトルで記事を投稿したり、「現存する最もセクシーなCEOたち(the sexiest CEOs alive)」というビジネス誌としては少々下世話な内容の記事を掲載したり、格好の非難の的だったのだ。

そんな8年前に誕生したばかりの若いメディアに3億4300万ドルもの値がついたことで、業界に衝撃が走った。なにしろ、その金額は、同サイトにおける2015年の売り上げ予想の9倍と目される。最高経営責任者(CEO)兼編集長であるヘンリー・ブロジェット氏は、これまで批判を繰り返していた人々の鼻を明かしたのである。

次ページメディア業界が学ぶべきポイント
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT