「インスタグラム広告」は、効果があるのか

レスポンス率はFacebookの3倍との調査も

効率的に広告効果を得るにはどうしたらよいのか?(写真 :totallyPic / PIXTA)

 インスタグラムが2013年にスポンサード投稿を開始してから1年半。2015年の夏には、カルーセル広告および動画広告もリリースした。ハイクオリティなクリエイティブを通した訴求力に期待が高まり、ブランド企業が殺到している。

2018年までに全米のインターネットユーザーの3分の1が、同サービスを利用するという予測もされているインスタグラム。さまざまなブランドの広告が雪崩を打つなか、効率的に広告効果を得る方法が検討されている。

ベンツなどがインスタ広告を開拓

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

インスタグラムは、掲載する広告に「今すぐ買う(Shop Now)」「もっと知る(Learn More)」などのCTA(コール・トゥ・アクション)ボタンや、カスタムターゲティングを採用。さらに2015年8月、APIをすべてのブランド企業に開放し、大小にかかわらず多くのブランド企業の参入を促した。

メキシカン・ファストフード・チェーンのタコベルや、メルセデス・ベンツ、ギリシャヨーグルトブランド「CHOBANI(チョバーニ)」などが、スポンサード投稿を実施し、パイオニアとして実験を重ねている。タコベルの場合、2015年4月に新しい朝食メニューをインスタグラムで発表。「広告を見た」と店頭で申請すれば、ユーザーポイントを提供するキャンペーンを展開した。ベンツは「GLA」という新しいコンパクトSUVについて、2014年秋にFacebookと連動して広告を展開したところ、自社サイトへのアクセスが580%増となったという。

一方、CHOBANIはブランドの認知拡大の手段としてインスタグラムを頼った。「有料のスポンサード投稿は、良いコンテンツ配信にとって必須の手段と断言できる。ユーザーの悪ふざけを容認しないからだ」と、CHOBANI最高マーケティング責任者ピーター・マクギネス氏は語る。「だからこそ有料配信は、創造性を求められる」。

次ページ「多様化」する広告主
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT