「インスタグラム広告」は、効果があるのか

レスポンス率はFacebookの3倍との調査も

効率的に広告効果を得るにはどうしたらよいのか?(写真 :totallyPic / PIXTA)

 インスタグラムが2013年にスポンサード投稿を開始してから1年半。2015年の夏には、カルーセル広告および動画広告もリリースした。ハイクオリティなクリエイティブを通した訴求力に期待が高まり、ブランド企業が殺到している。

2018年までに全米のインターネットユーザーの3分の1が、同サービスを利用するという予測もされているインスタグラム。さまざまなブランドの広告が雪崩を打つなか、効率的に広告効果を得る方法が検討されている。

ベンツなどがインスタ広告を開拓

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

インスタグラムは、掲載する広告に「今すぐ買う(Shop Now)」「もっと知る(Learn More)」などのCTA(コール・トゥ・アクション)ボタンや、カスタムターゲティングを採用。さらに2015年8月、APIをすべてのブランド企業に開放し、大小にかかわらず多くのブランド企業の参入を促した。

メキシカン・ファストフード・チェーンのタコベルや、メルセデス・ベンツ、ギリシャヨーグルトブランド「CHOBANI(チョバーニ)」などが、スポンサード投稿を実施し、パイオニアとして実験を重ねている。タコベルの場合、2015年4月に新しい朝食メニューをインスタグラムで発表。「広告を見た」と店頭で申請すれば、ユーザーポイントを提供するキャンペーンを展開した。ベンツは「GLA」という新しいコンパクトSUVについて、2014年秋にFacebookと連動して広告を展開したところ、自社サイトへのアクセスが580%増となったという。

一方、CHOBANIはブランドの認知拡大の手段としてインスタグラムを頼った。「有料のスポンサード投稿は、良いコンテンツ配信にとって必須の手段と断言できる。ユーザーの悪ふざけを容認しないからだ」と、CHOBANI最高マーケティング責任者ピーター・マクギネス氏は語る。「だからこそ有料配信は、創造性を求められる」。

次ページ「多様化」する広告主
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT