「モバイル広告」の明暗を示す5つの未来予測

眠っている金脈は250億ドルにも及ぶ!?

スマートフォンの台頭で、デジタル市場はどう変化する?(写真 : wavebreakmedia / PIXTA)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

いまやスマートフォンの台頭に疑問を挟む余地はない。だが、今後の成長にどれだけの伸びしろが残されていて、どのくらいのスピードでそれをカバーできるかという点においては、誰も正確な予測はできないだろう。だからこそ、デジタル市場にとって、これから注目すべき重要な視点のひとつといえる。

アメリカ人が1日にモバイル端末を使う時間は?

最初にアメリカ国内のスマートフォンユーザーの動向を紹介しよう。アプリ分析会社のFlurryによると、アメリカ人が1日にモバイル端末を使っている時間は、平均2時間57分。これは、アメリカ人がテレビを見て過ごす時間よりもわずかに長いそうだ。

また、マーケットリサーチ会社のeMarketerの調査によると、全世界的なスマートフォン所有者数は、2016年までに20億人を超えると予想。これは世界の携帯電話所有人口の半分に当たる数だという。そのようなスマートフォンの普及と使用時間の増加に伴い、モバイル広告費もまた増加傾向にある。以下に最新の予測を示す。

1.モバイル広告の支出額は、2018年にデスクトップのそれを抜く

アメリカにおける、モバイル広告出稿額とデスクトップ広告出稿額の推移予測

ディスプレイアドの全盛期はすでに終わった。広告ブロックが普及し、CTRやCPMが減少しはじめ、そのセールスはすでに厳しい。一方で、全世界的に初めてスマートフォンを手にするユーザーは増えている。あわせて、スマートフォンの利用時間も増え続け、モバイル端末の広告媒体としての将来性は、ますます高まった。そんな背景をもとに、大手会計コンサルタント会社PwCによる最近のレポートでは、2018年までにモバイル広告費(支出額)がデスクトップ広告費を上回ると予測している(上図、黄色のライン)。

次ページ広告全体では、いまだテレビが有利?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT