「ソーシャルマーケティング」は歌姫から学べ

テイラー・スウィフトが実践する5つの戦略

8月30日、MTVのビデオミュージックアワードを受賞したテイラー・スイフト(写真:ロイター/アフロ)
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

CD総売上枚数4000万枚以上を誇る、世界の歌姫テイラー・スウィフト。若干25歳の彼女に与えられた才能は12歳のときに覚えた作詞・作曲だけに留まらない。SNSを利用したソーシャルメディアマーケティングの手法も、世界一洗練されているのだ。

2014年、テイラー・スウィフトは、いかにソーシャルメディアを使いこなすべきか、世間に知らしめた。その活動の後押しによって、最新アルバム『1989』の第1週売り上げで自己最高を打ちたて、過去のアルバムも含め同期間にミリオンセラーを3度達成した唯一のアーティストとなったからだ。

なにしろTwitter、Facebook、YouTube、Tumblr、そしてインスタグラムにおいて、スウィフトのアカウントのフォロワーは、延べ1億4000万以上。まさに「ソーシャルモンスター」である。しかも、そのソーシャルパワーを生かしたマーケティング手法は、ブランド企業のマーケターにとって、目からうろこのものばかりなのだ。そのポイントを以下の5つの視点で解説しよう。

1 Taylurking ~近況報告だけがすべてではない~
2 愛おしいもの ~ファンを友達のように扱うべし~
3 トレンドを生み出せ ~重大発表をSNSで行おう~
4 猫成分 ~おそらくブランドには猫が必要だw~
5 SNSはすべて異なる ~プラットフォームの差異を学べ~

Taylurking~近況報告だけがすべてではない~

ブランド企業やセレブたちのほとんどが、ソーシャルメディアで発信しているのは、自らの近況や宣伝のことばかりだ。しかし、テイラー・スウィフトは違う。ミレニアル世代(アメリカにおける10代、20代の若者の総称)が「シェア」という文化のなかで育ってきたことをよく理解しているのだ。

スウィフトのTwitterフィードを例にとってみよう。そこには、#Taylurkingというハッシュタグで投稿された、彼女の歌をカバーした名も知れぬアーティストや、彼女の歌を使用したウエディングビデオ、さらにファンによる多くのコラージュ画像などの「リツイート」で埋め尽くされている。

また、Tumblrでは、ファンの投稿に対して、常にコメントし続けている彼女。去年のクリスマスには、ランダムにファンをピックアップしてプレゼントを贈るというイベントも試みた。言うまでもないが、その活動の様子はYouTubeで公開され、1700万回以上再生されている。

次ページファンを友達のように扱うべし
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。