「キス動画」のリスクは、いつまでも消えない

学生の頃から「私的領域」を知る必要がある

「MixChannel」などにあふれるカップルの「キス動画」。これらの投稿にはどんなリスクが?(写真:【Tig.】Tokyo image groups / PIXTA)

中高生を中心に、カップル動画を投稿するスマホアプリ「MixChannel」が人気だ。月間動画再生数は5億4000万回を超えている。誕生日や交際開始日などを記念して、写真や動画、音楽を組み合わせた動画が多数投稿されており、「キス動画」を公開しているものも少なくない。

このアプリに対して、日経ウーマンオンラインでは、「後悔しても遅い……女子中高生に流行の『キス動画』の取り返しがつかないリスクとは?」と題した記事を掲載していた。記事によると、同じクラスのクラスメートに見つかって、嫌がらせを受けたケースもあるそうだ。

さらに、動画の多くはツイッターのアカウントが登録されており、実名やプロフィールがわかるものも多いようだ。このため、就職活動の際に発見されたり、将来別の相手と結婚することになった場合に、問題になる可能性があるという。

コピーが容易なため、リスクを排除しきれない

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

MixChannelで「キス動画」を公開することには、どんな法的リスクがあるのだろうか。清水陽平弁護士に聞いた。

「まず、ありうる法的リスクについて指摘しましょう。キス動画を公開すると、自分だけでなく、キスの相手も誰か分かる状態にあるのではないかと思います。

キス動画を公開することについて、キス相手の同意を得ているのならばよいのですが、そうでない場合、キス相手のプライバシーを侵害しているということができます。

プライバシー侵害があれば、損害賠償請求や削除請求を受けるリスクがあります。もちろん、交際中の2人なので、そこまで大事にはならないだろうと思いますが、このような法的リスクがあることは認識しておくべきです」

ほかには、どのようなことが考えられるのだろうか。

次ページ「ネット公開」自体に伴うリスクとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT