ドローン少年騒動、問題の"根っこ"は何か

「人のうわさも75日」の時代は終わった

(写真:tarczas / PIXTA)

前回は、女子フィギュアスケートの浅田真央選手の復帰宣言を基に、その意思決定に至るプロセスをアンガーマネジメント的に考えました。

さて今回は、動画配信で世間を騒がせた「ドローン少年」や、そのほか「つまようじ少年」、「バイトテロ」など、最近多発しているインターネットを使った無軌道な投稿を題材にしたいと思います。

私たちがネット投稿で取り返しのつかない失敗をしないためには、どのような実践的・技術的対策が立てられるか、アンガーマネジメントの観点で検討してみます。

「怒りの感情」ほど、ネット上で広まる

浅草の三社祭でドローンを飛ばそうとしたとして、15歳の少年が威力業務妨害容疑で警視庁に逮捕されました。この少年は以前にも、長野の善光寺でドローンを落下させたほか、国会議事堂周辺などでもドローンを飛ばそうとして、警視庁から3回注意を受けています。

しかし、その都度少年は「警察手帳を見せるのが義務なんじゃないですか。これって任意ですよね」などと強く抵抗した様子を、ネットで実況中継していました。

インターネットの世界では、「人のうわさも75日」なんて悠長なことは言っていられません。旧連載、第3回の記事「アスリートの人気ブログが炎上した理由」でも触れましたが、北京航空航天大学の研究チームの調査で、ネット上で急速に広まるのは「怒りの感情」であることがわかっています。研究結果などなくとも、皆さん実感されていることでしょう。

次ページ「若気の至り」で済まされないワケ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。