ドローン少年騒動、問題の"根っこ"は何か

「人のうわさも75日」の時代は終わった

ドローン少年は、偏差値70を超えるという名門中学を中退、高校へは行っていなかったそうです。想像でしかありませんが、「それでも、自分はすごいんだ」ということを、より世間に知らしめたかったのかもしれません。「焦り」は、「一次感情(怒りのもと)」にもなりえるのです。

「自分のことを認めてもらいたい」という欲求があるのはわかりますし、「自分は注目されるべきだ」という「べき論(コアビリーフ=譲れない価値観、信念)」を抱くのは自由ですが、違法行為をしてしまえば、それは「報われることのない『べき論』」になってしまうでしょう。

「べきログ」で自分の傾向を知ろう

「報われない『べき論』」とは「不毛な『べき論』」とも言えます。自分の信念で発信しても、結局は大きな徒労と、残念な末路に向かうのです。ドローン少年の配信動画は再生回数が20万回を超えるものもありますが、彼の手元には、いったい何が残ったでしょうか。

アンガーマネジメントでは、自分の「べき論」を見直すためにいくつかのテクニックを用意しています。最も簡単なのは「べきログ」というもの。自分がよく使う(思う)「○○であるべき」を書き出し、自分の「べき論」を客観視するのです。すると自分の怒りのもととなり得る状況を把握でき、自分が独善的な「自分ルール」に縛られているかもしれないことを知ります。

併せて他人にも「べきログ」を書いてもらうと、他人と自分とのギャップを測ることができ、以後、怒りを表さずに済む方策を検討できます。

書き出す「べき論」は、公私の場面を問いません。「社会人は黒髪にすべき」「子どもはスポーツをするべき」「部下は上司よりも遅く帰るべき」……などなど、50ぐらい書き出してみるといいでしょう。

さらに、日々怒りを感じたときにそれを書き留めておく「アンガーログ」を併用すれば、自分の「怒りのクセ」を知ることができ、より深い内省が可能になります。ぜひチャレンジしてみてください。

そのほかにも、「べき論」へのさまざまなアプローチがありますので、アンガーマネジメントに興味を持たれたかたは、拙著『パワハラ防止のためのアンガーマネジメント入門』(東洋経済新報社)をご高覧ください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT