浅田真央を復帰に導いた「感情コントロール」

「後悔」は一生自分を攻撃し続ける原因になる

(写真:Atsushi Tomura / ゲッティー)

前回は、近藤麻理恵氏(こんまり)の「ときめき整理収納法(Konmari Method)と、アンガーマネジメント的思考法の共通項を拾い出し、人生がときめく(なぜかうまくいく)論拠について考えました。

さて今回は、「今の心境を話します」から始まる、浅田真央選手のさわやかな復帰宣言から、その意思決定に至るプロセスをアンガーマネジメント的に検証してみたいと思います。皆さんのビジネスや私生活に役立つであろう考え方も、見い出せることでしょう。

以前は選手としての復帰について「ハーフハーフ」と語っていた浅田選手。1年以上の休養を経て、復帰を決めた理由に、筆者は「自分の気持ちに上手く踏ん切りをつけた」ことがあると感じます。

「ワースト」と「ハッピー」のダブル想定

スポーツに限らず、ブランクを置いて復帰することに、大きな不安はつきものでしょう。そして、不安はイライラ・怒りのもと(第一次感情)になり得ますから、上手に向き合わなければなりません。

不安やストレスに強い人の特徴として「備える」ことに長けていることが挙げられます。では、何に備えるのか? それは「最悪の事態」にです。「最悪の事態」にうまく「備えた」アスリートの例として、ダルビッシュ有投手が挙げられます。

それは右肘手術を決断したときのコメント。手術を受けたとしても復帰出来ない可能性があることに言及し、一方で

「強がりではなく、不安も怖さもありません。今までの野球人生に悔いはないです。もちろんファンの皆さんの前に戻りたい気持ちはあるので、色々なことを試しながら最大限の努力はします。ですが今の正直な心境は落ち着いていて、前を向いてしかいないということです」

という心情を語っています。

次ページ真央ちゃんとキングカズの共通点
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。