マー君に学ぶ、復活のための「解決志向」

無意味なイライラを断ち、窮地を抜け出す

連載第1回の『「感情コントロール」が錦織圭を成長させた』には、おかげさまで大きな反響をいただきました。つねに冷静な判断を要するスポーツの様々な場面において、アンガーマネジメントは相性よく作用します。今回は、田中将大投手のケガ治療における冷静な感情コントロールから、私たちが窮地に陥ったときの対処方法を学びます(写真:アフロ)。

 

7月に右ひじの違和感を訴え、故障者リスト入りしていた田中将大投手。9月21日にヤンキースタジアムで、故障表明以来75日ぶりの復活勝利を果たしました。ニューヨーク・ヤンキースのジョー・ジラルディ監督は「見事に復活してくれてホッとした。タナカも『登板後はひじの痛みもない』と言っている。来季はフル回転させるつもりだ」と語りました。

28日のレッドソックス戦では、残念ながら2回を待たずに7失点に倒れましたが、ジラルディ監督は田中投手の右肘について「問題ない。(復帰から)2試合で問題がなかったのだから、よかった」と明言しています。

なぜ復帰を急がなかったのか

そんなジラルディ監督も、プレーオフ争いで厳しい位置につけているからか、田中復帰前の8月29日には「チームのために投げてほしい。今季残りを休ませるのは手術のときだ」と、早期復帰を熱望していたようです。その頃の田中投手は、すでにシート打撃登板も始めており、リハビリが順調に進んでいたようでした。

しかし、田中投手は同日、「誰でも投げ始めで張りとかは出てくると思う。1回時間をもらって整えたい」と話し、その後1週間ブルペンに入らず、本格的投球を回避するという判断を下しました。この際、「この1週間で変えられるのではないかと思う」というコメントも残しています。

「急いてはことをし損ずる」という心境だったのでしょうか。大きな期待を寄せられた異国での初年度にもかかわらず、復帰を焦ることなく、自らとても冷静な決断を下したと言えるでしょう。

次ページ「これも長い野球人生の一部」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。