iPhoneの「通知」がニュースにハックされた!

フェイスブック「Notify」が狙うものとは?

フェイスブックは新たなニュースサービスの提供を始めた。写真はカリフォルニア州メンロパークにある本社キャンパスの様子(提供:フェイスブック)

11月11日、フェイスブックがiPhone専用アプリ「Notify」をリリースした。このアプリを一言でいえば、自分のiPhoneの待ち受け画面を、ニュースのヘッドラインで埋め尽くすアプリだ。

インストールしてしばらく使ってみると、これは非常に興味深い「壮大な実験」であることがわかった。そして、筆者はこのアプリを削除した。

「iPhoneをニュースを読むためだけの道具にしたくない」というのがその理由だ。それだけ強力なインパクトのあるアプリなのである。いったい、どのようなアプリなのか詳しくみていこう。

Notifyとは?

Notifyは、「Stations」と呼ばれるニュースチャネルを購読して使い始めるアプリだ。

ラインアップには、おなじみの媒体が揃っている。例えばCNN、Vogue、Fox Sports、The Weather Channel、Billboard、BuzzFeed、Wired、The Verge、Mashable、Bloomberg Business、MarketWatch、など70社ほど。ビジネス、ファッション、スポーツ、ローカルなどから選ぶことが可能だ。購読したStationsの最新ニュースが、ホーム画面に「Notifyの通知として」届く。

次ページプッシュ通知をきっかけとしたニュースリーダー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
AI店舗の衝撃<br>トライアル、サツドラの挑戦

九州地盤のスーパーと北海道のドラッグストアチェーン。日本の両極で、AI・ハイテクを駆使した近未来店舗が誕生している。デジタルサイネージ広告、AIカメラ、スマートレジ、スマホアプリ……。AI店舗の最前線をルポ。