iPhoneの「通知」がニュースにハックされた!

フェイスブック「Notify」が狙うものとは?

フェイスブックは新たなニュースサービスの提供を始めた。写真はカリフォルニア州メンロパークにある本社キャンパスの様子(提供:フェイスブック)

11月11日、フェイスブックがiPhone専用アプリ「Notify」をリリースした。このアプリを一言でいえば、自分のiPhoneの待ち受け画面を、ニュースのヘッドラインで埋め尽くすアプリだ。

インストールしてしばらく使ってみると、これは非常に興味深い「壮大な実験」であることがわかった。そして、筆者はこのアプリを削除した。

「iPhoneをニュースを読むためだけの道具にしたくない」というのがその理由だ。それだけ強力なインパクトのあるアプリなのである。いったい、どのようなアプリなのか詳しくみていこう。

Notifyとは?

Notifyは、「Stations」と呼ばれるニュースチャネルを購読して使い始めるアプリだ。

ラインアップには、おなじみの媒体が揃っている。例えばCNN、Vogue、Fox Sports、The Weather Channel、Billboard、BuzzFeed、Wired、The Verge、Mashable、Bloomberg Business、MarketWatch、など70社ほど。ビジネス、ファッション、スポーツ、ローカルなどから選ぶことが可能だ。購読したStationsの最新ニュースが、ホーム画面に「Notifyの通知として」届く。

次ページプッシュ通知をきっかけとしたニュースリーダー
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。