iPhoneの「通知」がニュースにハックされた!

フェイスブック「Notify」が狙うものとは?

フェイスブックは新たなニュースサービスの提供を始めた。写真はカリフォルニア州メンロパークにある本社キャンパスの様子(提供:フェイスブック)

11月11日、フェイスブックがiPhone専用アプリ「Notify」をリリースした。このアプリを一言でいえば、自分のiPhoneの待ち受け画面を、ニュースのヘッドラインで埋め尽くすアプリだ。

インストールしてしばらく使ってみると、これは非常に興味深い「壮大な実験」であることがわかった。そして、筆者はこのアプリを削除した。

「iPhoneをニュースを読むためだけの道具にしたくない」というのがその理由だ。それだけ強力なインパクトのあるアプリなのである。いったい、どのようなアプリなのか詳しくみていこう。

Notifyとは?

Notifyは、「Stations」と呼ばれるニュースチャネルを購読して使い始めるアプリだ。

ラインアップには、おなじみの媒体が揃っている。例えばCNN、Vogue、Fox Sports、The Weather Channel、Billboard、BuzzFeed、Wired、The Verge、Mashable、Bloomberg Business、MarketWatch、など70社ほど。ビジネス、ファッション、スポーツ、ローカルなどから選ぶことが可能だ。購読したStationsの最新ニュースが、ホーム画面に「Notifyの通知として」届く。

次ページプッシュ通知をきっかけとしたニュースリーダー
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。