「ニュース専用アプリの終わり」が始まった

Instant Articlesのインパクトとは?

FacebookのInstant Articlesとは?

Facebookは5月に「Instant Articles」と呼ばれる新しいニュースなどの記事に関するプラットホームを披露した。簡単に言えば、「Facebookアプリから離れずに、ニュースフィードに流れてきたリンク先の記事を、その場で読めるようにする仕組み」である。

初期パートナーの面々

初期は、New York Times、Buzzfeed、National Geographic、The Atlantic、NBC Newsなどの米国メディアからスタートし、その後The Guardian、BBC News、Bild、Spiegel Onlineといった欧州のメディアも参加する。

アプリの中でニュース記事を読めるようになる

このサービスは、Facebookアプリの中でニュースなどの記事を、ビデオや写真と同様、リンクではなくFacebook内で表示できるようにする取り組みだ。すでに読者誘導で大きな影響力を持つFacebookの、メディア側への歩み寄りと見ることもできる。

Facebookは、14億人が目にするニュースフィードを用意しており、ここに様々な記事や写真、ビデオが流れてくる。友人が気になる情報を共有できる点は、コミュニケーションの上では重要だ。会話が弾む「共通の話題」を作ることができるからだ。

スマートフォンのFacebookアプリで見られるのは記事の題名とタイトル、要約、そして記事を配信したサイト名程度だ。その記事が気になったら、リンクをクリックしてFacebookアプリの中でブラウザを開き、記事を読んでいくことになる。その際、筆者の経験上、いくつかの障害にぶつかる。

次ページFacebookでニュースを見ることの欠点は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT