「ニュース専用アプリの終わり」が始まった

Instant Articlesのインパクトとは?

FacebookのInstant Articlesとは?

Facebookは5月に「Instant Articles」と呼ばれる新しいニュースなどの記事に関するプラットホームを披露した。簡単に言えば、「Facebookアプリから離れずに、ニュースフィードに流れてきたリンク先の記事を、その場で読めるようにする仕組み」である。

初期パートナーの面々

初期は、New York Times、Buzzfeed、National Geographic、The Atlantic、NBC Newsなどの米国メディアからスタートし、その後The Guardian、BBC News、Bild、Spiegel Onlineといった欧州のメディアも参加する。

アプリの中でニュース記事を読めるようになる

このサービスは、Facebookアプリの中でニュースなどの記事を、ビデオや写真と同様、リンクではなくFacebook内で表示できるようにする取り組みだ。すでに読者誘導で大きな影響力を持つFacebookの、メディア側への歩み寄りと見ることもできる。

Facebookは、14億人が目にするニュースフィードを用意しており、ここに様々な記事や写真、ビデオが流れてくる。友人が気になる情報を共有できる点は、コミュニケーションの上では重要だ。会話が弾む「共通の話題」を作ることができるからだ。

スマートフォンのFacebookアプリで見られるのは記事の題名とタイトル、要約、そして記事を配信したサイト名程度だ。その記事が気になったら、リンクをクリックしてFacebookアプリの中でブラウザを開き、記事を読んでいくことになる。その際、筆者の経験上、いくつかの障害にぶつかる。

次ページFacebookでニュースを見ることの欠点は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。