「ニュース専用アプリの終わり」が始まった

Instant Articlesのインパクトとは?

まず、リンクで飛んだ先のサイトがモバイルに対応していない場合、非常に読みにくい。パソコン向けのページを拡大させながらスマートフォンの画面に合わせて読み進めていくことになるが、ページ割りが多いと小さなボタンを慎重にクリックする必要がある。

もちろん、最近ではほとんどのサイトがモバイル対応を果たしているが、それらの全てが使いやすいかどうかは意見が分かれる。また、いわゆるアプリ内ブラウザで開く場合、ブラウザアプリからのアクセスと同じように利用できるとは限らない。

またログインが必要な会員制や有料のニュースサイトの場合、Facebookで開くブラウザ内で再びログインが促される。スマートフォンのブラウザで既にログインしていたとしても、である。これも記事を読む上でのストレスとなる。

「広告」の機会損失を防ぎ、オプションが拡がる

これらのユーザーが感じていたストレスは、ニュースサイトにとっても、Facebookにとっても都合がよくなかった。

ニュースサイトにとっては、せっかく興味を持ってもらえた記事を快適な環境で読んでもらえない点。Facebookにとっては、Facebookアプリ内ではなく、そこから離脱して記事を読み始めてしまう点。いずれにとっても「広告」や「購読」という収益源をみすみす逃す機会損失だった。

こうした不都合が、今回のInstant Articlesによって解決される。まずユーザーは、 Facebookのニュースフィード内に流れてきた記事を、より快適に、素早く表示して読めるようになる。いちいちメディア側のサイトにジャンプしなくていいのだ。

Facebookにとっては、目先、すぐに収益にプラスになるわけではない。Instant Articles内の広告収益は、100%すべてメディア側のものになるためだ。一方、Facebookと提携するニュースサイト側にとっては、大きなビジネスチャンスになる。

次ページメディア側のメリットとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT