「ニュース専用アプリの終わり」が始まった

Instant Articlesのインパクトとは?

「情報を摂取するためのツール」のスタンダード争いは、より激化する。情報が大量に、かつ高速に流通するプラットホームであるFacebookの中で記事が読まれるようになるインパクトは絶大だ。

多くのメディアは、これまで自前のアプリを用意し、そこで読者を囲い込もうとしてきた。この試みは完全に古いものになるだろう。さらに、過去2年ほどで急伸した「スマートニュース」や「グノシー」といったニュースとの出会いを演出するアプリや、記事を美しく表示してきたFlipboardやFeedlyといったアプリは、「余計なもの」となってしまう可能性がある。

いま急伸しているキュレーションメディアは巨大な記事リンク集のようなものであり、独自のクリエイティブを提案できているわけではない。それに対しFacebookでの記事の見せ方は、モバイルにふさわしい新たな表現力を組み合わせることが可能だ。

Instant Articlesは、ユーザーがFacebookアプリを開いている時間を延ばし、またユーザーが友人から教えられた情報を、より快適に読む事ができる環境を与えることになる。MessengerやInstagramなど、優秀な自社のモバイルアプリに対して、「Facebook」というのアプリの存在意義を際立たせることもできるだろう。

Googleも独自のニュース配信へ

また、現在はニュースに関してお世辞にも上手く取り組んでいるとは言えないGoogleも、見逃すことはできない。Google I/Oで見せた機械学習による「ユーザーの欲しいもの」を選り抜く知能が、いつニュースの分野に向くとも限らない。

友人が薦めるニュースか、自分が見るべきニュースか。どのような表現なのか。モバイルを取り巻く情報摂取の競争は、より激化していくことになるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT