スマニューに転身、ミクシィ経営幹部の変心

新事業創出を担う最高事業責任者が辞任

12月1日にスマートニュースの事業戦略説明会でプレゼンテーションを行った川崎氏。この時点ではミクシィ取締役と兼任だった

取締役の就任から1年半――。ミクシィは12月22日、最高事業責任者を務める川崎裕一取締役(38)が31日付けで辞任すると発表した。プレスリリースには「一身上の都合」と書かれているだけだが、ミクシィは「スマートニュースの執行役員の業務に専念すると聞いている」と説明する。

ミクシィは8月にニュースアプリを展開するスマートニュースに出資。これに伴って川崎氏はスマートニュースの執行役員を兼任し、同社で広告事業開発担当という要職に就いていた。資本業務提携後は、ミクシィとの共同開発で新規事業の「SmartNews Ads Network」の開発責任者として、広告配信サービスの立ち上げに関わっていた。

新事業の創出を統括

12月1日に開催されたスマートニュースの事業戦略説明会では自ら壇上に立ち、「SmartNews Adsを通じて、全く新しい広告領域を切り開きました。それがモバイルニュース広告という分野です」と熱く語っていた。それから1カ月も経たないうちに飛び出したのが、ミクシィの取締役辞任である。執行役員就任からわずか4カ月のうちに、心は完全にスマートニュースに奪われてしまったということなのだろうか。

画像を拡大
2013年5月、社長交代の会見で新経営陣として登壇した川崎氏(写真右から2番目)(撮影:梅谷秀司)

ミクシィでも川崎氏は重要な役割を担ってきた。2013年1月に入社し、6月には取締役最高事業責任者に就任。新規事業の創出を目指す「イノベーションセンター」を統括し、クロスファンクション本部長として各事業を連携させて横串を刺すという役割も担ってきた。

実は川崎氏は、ミクシィが12年12月に買収したスマートフォン向けソーシャルサービスを手掛ける「kamado」の創業社長だった。それ以前の04年~09年ははてなの副社長として事業開発を担当するなど、ネット事業に関して幅広い経験とノウハウを持つ人物だ。

次ページ辞任する川崎氏の後任は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。