その書き込み、玄関に貼っても大丈夫ですか

「ネットの書き込み」は「玄関の貼り紙」と同じ

投稿をするとき、その文章を実際に自宅玄関へ貼り出している状態を想像してみませんか

「小木曽さん、うちの生徒がツイッターで炎上させてしまいました。御社にご迷惑をおかけするかもしれません……」

ちょうど1年前、三重県での講演を終えたばかりの私が受け取ったのは、切羽詰まった先生からのメールでした。

(ツイッターで炎上? でも、なんでウチが関係するんだろう……)

不思議に思いメールを読むと、送り主は以前お伺いした高校で、生徒指導を担当する先生。これまでにも、学校の先生から炎上のご相談を頂くことはあったのですが、今回はちょっと様子が違います。急いでネットを検索してみたところ……迷惑どころか思わずニンマリしてしまうような「うれしい炎上」が起きていたのです。

ネットで絶対に失敗しない方法

この連載の記事一覧はこちら

前回は、ネットへの書き込みは「スクランブル交差点」と同じ、ネット炎上は「交通事故」、しかも必ず個人特定されるから、炎上させてしまった投稿は「消しちゃダメ」、ということをお話ししました。

今回はその続き、「そもそも事故は起こさない方がいい、だったら『ネットで絶対に失敗しない方法』を知りましょう」というお話です。実は、冒頭の「うれしい炎上」にその答えが隠されています。

話は昨年2月、くだんの高校で先生向けの講演を行った時にさかのぼります。講演テーマはもちろん「ネットで絶対に失敗しない方法」。講演も佳境に入り、そろそろ終了時刻という頃でした。

次ページ日常とネットとを分ける必要がない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT