震災で人命を救うスマホとSNSの巨大潜在力

災害に勝つために「スマホ力」を鍛えておこう

そしてもう1つ重要なのはスマホ本体。私のスマホは見てのとおりデカいです。一般的に画面サイズの大きいスマホは大容量のバッテリーを積んでいますので、ふつうのスマホより長く使えることが多いのです。だから私は常に大きいサイズのスマホを選んでいます。

ここまでが、緊急時でもネットを使い続けるため、私たちがいまできる備えです。あとはそのネットをどう活かすのか、そして飛び交う情報にどう対処するか、です。

ネット上のデマにどう対峙すれば良いか

現在ネット上で散見される地震関連デマは、以下のようなものです。

「熊本の××で火災発生」
「〇〇原発で事故」
「△日に地震が起きる」
「次は〇〇地方が危ない」

 

いずれも根拠の記載がなく、科学的な観点からウソとわかるものもありますが、一部はテレビニュースで速報として流れるなどしており、悪ふざけの範疇を超えています。

ひどいものでは「熊本の動物園からライオンが逃げ出した」という書き込みもありました。多くは若い世代によるイタズラなのですが、これらの行為がどれだけの人々に迷惑をかけ、場合によっては処罰の対象になりうる行為であることを、私たち大人が、いま一度しっかりと伝えなければいけないと感じています。

これらのデマでつらい思いや恐怖を感じているのも、また子供たちです。私のツイッターにも、九州地方の中学生から「〇〇という情報は本当ですか?」という相談メッセージが来ました。心配している子供には「こういうデマを流すヤツはアホだね、中身もウソだから気にしなくて良いよ」と、ぜひ声をかけてあげて下さい。

今なお、多くの方が大変な状況におかれています。一刻も早く日常を取り戻せるよう願っています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。