震災で人命を救うスマホとSNSの巨大潜在力

災害に勝つために「スマホ力」を鍛えておこう

1万キロも離れた地で、息子さんはとっさにツイッターに飛びつき、冒頭のメッセージを投稿します。書き込み時刻のズレは日本とイギリスの時差だったのです。

こんな内容ですから、心配した人達によってこの投稿はどんどん拡散していきました。そして、ある人の目に留まったのです。

当時、東京都の副知事として震災対応中だった猪瀬直樹氏。自分宛に転送されたツイッターに気が付いた猪瀬氏は、消防庁の担当者と内容を精査、救助に向かう決断をします。

救援ヘリが、現地からの要請なしで飛び出すのはかなり異例のことです。また当時、ネット上にはウソの救助要請やデマが拡散し始めていました。

ですがこのツイッターには信憑性が感じられ、公民館の位置も確認できたため、救助に向かう決断ができたのです。

446人が避難をしていた!

日の出にあわせ、現地に到着したヘリコプターから、レスキュー隊員が公民館に降り立ちます。そこで目にしたのは、事前に情報を得ていた「施設の園長と子供たち十数名」が避難している状況ではありませんでした。

妊婦や乳幼児を含む「446人」が、その公民館にすし詰め状態となって避難していたのです。その後、全員が2日間かけて無事救助されました。

「446人」が救助された

SNSの定義は、

・人と人とを結びつける機能がある
・その結び付きを強める機能がある

 

この2つだけ。この要素を満たすものがSNSと呼ばれます。気仙沼の救出劇はまさにSNSそのもの。人と人とを結び付け、ヘリを飛ばし、446人の命を救ったのです。

次ページ必要なものは3つある
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT