恐怖!SNSに「性的嗜好」を晒していませんか

本人が気付かないうちに起きていること

タレントだろうが企業だろうが、このような「誤爆」の時、一番やってはいけないのが、「アカウントが乗っ取られたようです」「ハッキングの可能性があります」などの言い訳です。

誤爆をやらかしただけでも管理体制が疑問視されるのに、そんなバレバレの言い訳をしようものなら目も当てられません。「それは無い、無いわ~」と馬鹿にされて終わりでしょう。

こんな時はもう、ピンチをチャンスに変えるしかありません。うまく笑いの方向に持っていければ、そこに話題が移り、フォロワーも増え、逆にファンの獲得にもつながります(ふだんまじめな公式アカウントであればさらに効果倍増です)。

「自分は広報じゃないから、誤爆なんて関係ないよ?」というそこのアナタ。実はSNSを使う人なら、誰でも誤爆のリスクを抱えているのです。

フェイスブックの「誤爆」、本人は気づかない

例えばフェイスブック。この「誤爆」は、ヘタすると本人がずっと気が付かないままの怖~いヤツです……。

フェイスブックには「知り合いかも」という便利な機能がありますが、この機能が有能過ぎて、思わぬ誤爆を引き起こすことがあります。

例えば、ある“セクシー”女優さん。この場合は「もの凄く」セクシーという意味なんですが、このジャンルの女優さんで多いのが、フェイスブックの「個人アカウント」を持っていて、ファンとも交流している方々です。

次ページ自分の性的嗜好を友達にアピールしていませんか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。