恐怖!SNSに「性的嗜好」を晒していませんか

本人が気付かないうちに起きていること

今は多くの企業がSNSの公式アカウントを持っていますよね。キャンペーンのお知らせや個性的なつぶやきで人気のアカウントもあれば、百万人以上のフォロワーを抱えているアカウントだってあります。そんな会社の顔ともいえるアカウントから、ある日突然、次のような投稿がされました。

「なんて無駄な時間だろう」「うちの社風はもう終わっている」「社員になってから幸せを感じなくなったなあ」

こんな広報の心臓が止まるような投稿がされたら、あっという間に大炎上。慌てて削除、謝罪コメントを掲載したところでアトの祭り。

これ、芸能人と同じように、公式アカウントとプライベートアカウントの切り替えでミスしているんです。割と頻繁に起きていて、過去にはお役所のアカウントが誤爆したこともありました……。

専用機を使ってください

企業の広報さんから、SNSアカウントの運用方法についてご相談を頂くことがあるのですが、必ずお伝えしているのは、「専用機で運用して下さい」という点です。公式アカウントを運用するなら、ぜひ専用の端末を設置して、そのアカウントの更新の為だけに使用することをお勧めします。他の業務と兼用したり、ましてやログインを切り替えるなんて……想像しただけで怖いっ!

専用機だって、夜間の更新や社外からの更新にも対応できます。もし専用機が難しければ、せめてアカウントを切り替えて使うことは禁止しましょう。

では、もし万が一「誤爆」をやらかしてしまった時には、どうすればいいのか?

次ページ絶対にやってはいけないのが言い訳
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。