博報堂を辞め、プロレスに挑む男が見た現実

「好きなことで、生きていく」のは甘くない

プロレスのリングで技をきめる三富政行

2015年12月20日、愛媛県松山市のライブハウス「WstudioRED」。ここで一風変わったイベントが開かれた。「恋するプロレスナイト」。街ぐるみで行われる大型の合コンイベント「街コン」をプロレスと組み合わせた企画だ。決して大きくはない会場を143人の男女が埋め尽くした。

仕掛け人は、三富政行(26)。プロレスラーだ。身長170センチ、体重85キロ。背は特別高くないが、それでも分厚い胸板やカラーを入れてツーブロックに刈り上げた髪、褐色に焼けた肌はとても一般人には見えない。

博報堂を入社9カ月で退職

三富は慶応義塾大学文学部出身だ。学生プロレスで活躍した後、大手広告代理店の博報堂へ2013年4月に新卒入社。9カ月で退職した。2014年1月6日、彼は「博報堂を辞めてみました。」というタイトルの記事を書いた。大学卒業後、博報堂と並行してDDT系列のプロレス団体「ユニオンプロレス」でデビューしていた三富は、博報堂を辞めてプロレスラーとパーソナルトレーナーとして活動していくことをブログで宣言したのだ。

このエントリーは瞬く間に話題となった。記事にはFacebook(フェイスブック)で1600を超える「いいね!」が付き、公開後、間もない1月31日発売の写真週刊誌『FRIDAY』でも紹介された。日本テレビ系列「嵐にしやがれ」「Q人募集」やTBS系列「櫻井有吉アブナイ夜会」、フジテレビ系列「ニュースな晩餐会」などのテレビ番組にも出演した。噂を聞きつけた、慶応大のOBから連絡が入り、食事に誘われ激励されたこともあった。

他団体からのオファーも増えた。ジャイアント馬場が創った「王道マット」全日本プロレスにもスポット参戦し、タッグマッチではあるが高山善廣、秋山準といったトップレスラーとの対戦も経験。この12月には武藤敬司率いる「WRESTLE-1」にも参戦した。

2014年6月には東京の麻布十番で「街コンプロレス」を企画し、男女138名を動員。2015年10月にはホストが出場する歌舞伎町プロレスの立ち上げに関わるなど、プロデューサー的な活動もしている。その歌舞伎町プロレスでは、タッグマッチであの大仁田厚とも戦った。

次ページ三富政行のキャリアは順風満帆なのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT