日本男子は忙しいフリをするのが得意!?

仕事のスピードが世界基準より遅すぎる

世界基準のスピードで仕事をしている人ほどサボったり休んだりする(写真 : Rawpixel / PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

普段は外資系企業で仕事をしているので、海外のビジネスパーソンと仕事をする機会があります。そんなとき、彼らと日本のビジネスパーソンのパフォーマンスを比べて、大きな差に気づかされることが少なくありません。

それは「生産性」の差。特に仕事のスピードです。

生産性については、ひとり当たり、もしくは1時間あたりGDPといった統計データが引用され、日本のそれは世界的に見ても低いということをよく耳にします。海外に行くと日本男子の仕事スピードの遅さを現場レベルで実感することがあります。

数年前、海外で仕事をしていたある日、日本で働いたことがあるという外国人女性に話しかけられました。初対面ですがお互いに会話が盛り上がり、そのとき彼女がサラッとつぶやいたひと言が印象的でした

「日本のビジネスパーソンって、忙しいフリをするのは上手よね(笑)」

日本人の生産性が低い原因のひとつは、忙しいフリをして一人ひとりが仕事を長時間続けること。かつて日本のサラリーマンは海外から「Work hard(頑張る)」と評価されていましたが、今や「Stay long(長くいる)」と見られている。もうグローバルでバレているんだなと気づかされました。

今回は日本男子の仕事が遅い理由を考えつつ、はたらく女性が世界基準の仕事スピードを身につけるお作法をご紹介したいと思います。

サボって休んで、短時間に集中する

日本男子の仕事スピードが遅いのは、次の2つの原因があると思います。

1.必要以上に時間をかけている

2.タスクの進め方に問題がある

外国人女性に「忙しいフリをするのが上手」とお見通しされたのは、1の典型例。時間をかけるほど成果が上がるというのは、日本のビジネスパーソンに多い思い込みです。

次ページ世界標準の仕事スピードを持っている人の共通点
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT