激務でも心が折れない人が持つ「3つの習慣」

ネガティブ感情はこう「流す」

(写真:msv/PIXTA)

※前回記事:一流とは「不安でも強気でいられる人」だった

「逆境」を乗り越えるための3つのステップ

前回記事では、不安でも強気な人が持つ3つの力として「レジリエンス」「ウェイパワー」「ウィルパワー」の3つを紹介しました。今回はそのうちの「レジリエンス」について詳しくお伝えしたいと思います。

みなさんはレジリエンスという言葉を聞いたことがありますか?これは「逆境や困難、強いストレスに直面したときに、適応する精神力と心理的プロセス」と定義される、いわば「逆境力」と言える力です。

心が折れやすい人が増えている社会では、レジリエンスが重要であると考えられており、NHK「クローズアップ現代」や日テレ系列「世界一受けたい授業」などの人気TV番組や、新聞・雑誌・人材育成専門誌などで「レジリエンス」が頻繁に特集されています。

このレジリエンスを発揮するには、主に3つの段階があります。

第1が、ストレスや失敗、逆境後に精神を深く落ち込ませない「底打ち」
第2が、落ち込んだ気持ちをスムーズに元の状態に回復させる「立ち直り」
第3が、困難を乗り越えた経験を振り返り、意味を学ぶ「教訓化」

 

これらを教えるのが「レジリエンス・トレーニング」です。

最近では、レジリエンスを新人・中堅社員やリーダー層向けの研修として取り入れる企業が増えており、海外では、世界最大のエネルギー企業のロイヤル・ダッチシェルや世界最強の投資銀行と言われるゴールドマン・サックスなどが社員や管理職向けにレジリエンスで訓練し、ストレスに強く変化に適応できる人材を育成しています。

次ページレジリエンスの3つのステップ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。