激務でも心が折れない人が持つ「3つの習慣」

ネガティブ感情はこう「流す」

皆さんもネガティブ感情に感染して、被害者になった経験はありませんか? または、自分で抑えきれなかった感情で、ほかの人に悪影響を及ぼしたことはありませんか?

ストレスの宵越しをしないための習慣とは?

職場でのストレスも、その結果生まれるネガティブ感情も、できるだけ早く解消することが心の疲労を防ぐうえでも大切です。

仕事で活力と意欲を維持することができる人は、ストレスの宵越しをしません。その日のうちに、ネガティブな感情の「気晴らし」をする習慣を持っています。忙しいときには、週末の時間を使って気持ちを切り替え、ネガティブ感情を引きずらない工夫をしています。

科学的根拠のある「気晴らし」の4つの方法があります。ぜひ、皆さんも参考にしていただき、仕事後や週末の習慣をして生活に取り入れてみてください。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT