現代人は仕事で、だいたい「無理」しすぎる

生物学の視点から見る「自然」なマネジメント

右肩上がりを目指し続けることはなぜ、社員を潰すのでしょうか(写真 : ocsa / PIXTA)
6月もそろそろ下旬に差し掛かってきました。上場企業の場合で約7割を占める3月期決算の会社にとっては、早くも第1四半期の終わりが近づいています。まだまだ歴史の浅いベンチャーはもちろん、売上高が1兆円を超えるような大手であっても、企業は常に成長を求めています。会社全体にしろ、部門ごとにしろ、前年度の実績を上回れるかどうかはひとつの目安となります。
そんな「右肩上がりを目指し続けること自体、生物学的にそもそも無理がある」と指摘する生物学者がいます。「科学界のインディ・ジョーンズ」という異名を持ち、今春からは日本テレビの情報番組『スッキリ!!』でコメンテーターを務める長沼毅氏です。長沼氏はなぜそのように考えるのでしょうか。その答えを示す独自のマネジメント論とは――。

自分を追い込む生物は人間だけ

理科の教科書で、こうした記述を目にしたことがあるかもしれません。

「人類の祖先は直立二足歩行を行うことによって、他の四足歩行動物と比べ、大きな脳を発達させた。そして自由になった両手を使い、高度な文明を築くことができた」

私たちは巨大な脳と器用な手を使い、文明を築き、自然をコントロールしてきました。そして、科学を生み出したのです。

ただ、これは人間の知性のいい面ばかりを切り取った認識なのかもしれない、と私は思います。知性を進化させてきた5万年の歴史で、私たちの脳は、同時に致命的とも言える進化をしてしまいました。私たちの脳は、「楽をする」ことを忘れてしまったのです。

あなたが一日の仕事を終えて、疲れた体で家に帰ってきた。そんなときでも、「なんとなく夜遅くまで起きている」ことがあるでしょう。何か見たいものがある訳でもないのにテレビをぼーっと見つめている、スマートフォンなどでネットサーフィンをしている、そうして夜遅くまで起きているのです。

普通に寝て、普通に次の朝に起きれば、日中に眠くならず、ストレスも溜まりません。それでもついつい寝られない。「何を当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、生物学的に見ると、これはまったく当たり前のことではないのです。

次ページ人間と動物の「脳」の違い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。