「生涯プログラマー」でやっていくためには?

まつもとゆきひろ氏が若手に贈る3つの言葉

Rubyの父として知られるまつもとゆきひろ氏に話を聞いた
社会人になったばかりの若いエンジニアの中には、一度この道に足を踏み入れたからには、自らの技術一本で身を立てていけたらという、強い思いを胸に秘めている人も少なくないだろう。
今回、Rubyの父として知られるまつもとゆきひろ氏に、あえて「これからの時代に技術だけで生き残るには?」という偏ったテーマで取材を依頼した。返ってきたメールの冒頭にあったのが、次の一文である。
「技術だけで生きるというのは幻想である」。まずはその真意を聞くところから、取材は始まった。

「技術だけで」という言葉のイメージと実体のズレ

本記事は『エンジニアtype』(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です

──本日はお忙しいところお時間いただき、ありがとうございます。さっそくですが、まずはいただいたメールにあった「技術だけで生きるというのは幻想」という言葉の真意、まつもとさんのお考えから伺いたいのですが。

まず、多くのエンジニアは技術を使ってモノを作ることに興味を持っているでしょうから、エンジニアとしてその技術を追求したいという気持ちは分からないわけではありません。

一方で、日本の場合はキャリアパスとして、ある程度の年齢になるとプロジェクトリーダーやマネジャーになってくださいと言われる流れがありますよね? マネジメントは多くのエンジニアにとって直接開発するよりあまり面白くないことでしょうから、マネジメントの方に行きたくないという気持ちも分かります。

結果、「技術だけで~」と表現したくなるのは理解できます。

けれども、マネジメントの方へ行かないからといって「技術だけで」生きているかというと、必ずしもそうではない。設計するためには使う人が何を求めているか把握する必要があるし、効率よく問題解決する方法を考えられる必要もある。

エンジニアとして成果を出すためには周りの信頼を得ないといけない。もちろん「Javaのこのプログラムについては何も見なくても書けます!」という風に技術によって信頼を得ることもありますが、それだけで成り立っているわけではない。

分からないことがあったら調べるための能力だったり、誰かに相談するためのコネクションだったりがあることも信頼につながりますし、普段から勉強して得た知識量や、痛い目に遭った経験が重宝されることもあるかもしれない。

そのどれをとっても、単純に技術とはいえないですよね?

次ページ優秀なエンジニアの特質とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。