シリコンバレーは大きな課題を抱えている

「繁栄の孤島」が他地域の手本になるには?

シリコンバレーの成功を米国全体に波及させ、他地域でも雇用を創出するにはどうしたらいいのか

米カリフォルニア州のシリコンバレーは、ハイテク起業家精神と富の創造のメッカとしての地位を確立している。しかし、シリコンバレーは少なくとも何らかの根本的な調整を行わない限り、他地域の政策立案者や、起業家たちが見習えるような雇用創出や、米国全体の成長にはつながらない。

シリコンバレーはまるで繁栄した孤島

シリコンバレーで今日起こっていることは確かにまばゆいばかりだと言うほかはない。ベンチャーキャピタル(VC)投資はほぼ過去最高記録に達している。一晩にして百万長者になった人や、億万長者になった人の数も急増している。20代のソフトウェアプログラマーが6ケタの給与を得ている。

このブームがカリフォルニア州の経済回復を牽引してきた。さらに、勇気ある政治的リーダーシップのお蔭もあって、絶望的とも思える財政危機からこの州を救うことができた。

ただ、シリコンバレーのスーパースター的ハイテク企業やVCたちは、繁栄という孤立した島の植民者なのだ。実際、そこから100マイルも離れていない、カリフォルニア州セントラル・バレーでは、失業率はフタケタのまま(フレズノで11.2%、モデストで10.4%)だし、世帯収入平均がシリコンバレーの中心地パロアルトの平均の半分以下しかない。

もしベンチャーキャピタリストのティム・ドレイパーが、カリフォルニア州を6州に分割するという自身の見当違いの構想に成功したなら、シリコンバレーは米国で最も裕福な州に、そしてセントラル・バレーは最も貧しい州になるだろう。

大事なのは、シリコンバレーの起業家精神や、革新的能力を米国全体の経済成長にどうやって活かすか、ということである。これはもうすでにある程度起こっている。ナッシュビル、シンシナティ、ニューオーリンズ、ウィチタ、ソルトレイクシティといった都市の先見性のある起業家たちがシリコンバレーの成功のノウハウを、地元の条件や機会に適応させ、中産階級の雇用を創出しているのだ。だが、こうした取り組みはもっと支援できるはずだし、その必要もある。

次ページVCファンドはもはやスタートアップ向けではない?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT