自動車のテスラが放つ、新エネルギーの成否

なぜ電気自動車からエネルギー分野へ?

安倍首相のテスラ本社訪問の当日に、新分野挑戦への発表が行われた

「エネルギーのテスラ」になる?

安倍晋三首相がシリコンバレーのテスラモーターズ本社を訪れた4月30日夕刻、イーロン・マスクCEOは自らモデルSのハンドルを握って、助手席に座る安倍首相に急速に加速可能な電気自動車の試乗体験を提供した。

「ジェットコースターに乗ったようだ」と感想を述べた安倍首相のテスラ滞在は、25分足らず。シリコンバレー訪問で「変化のスピードについていくこと」の重要さを実感したと語った首相だが、何とテスラがその日のうちにエネルギー会社へと変身を遂げる第一歩を踏み出すことになると知っていただろうか。

安倍首相を迎え入れたマスクCEOは、直後に蓄電池の発表へ

安倍首相を笑顔で送り出した後、マスクCEOはロサンゼルス近郊へ飛び、テスラの新製品を発表した。ただし、この新製品は自動車ではない。家庭用、および業務用の「蓄電池」だ。

プレゼンテーションの壇上に立ったマスクCEOが最初に訴えたのは、「われわれには、何もしなくても大量の電力を供給してくれる、太陽という発電機があります」という内容だ。太陽光を無駄なく安価に利用する方法さえ見つかれば、太陽を発電機にすることが本当に可能になる。

今回の蓄電池は、化石燃料を利用する電力グリッドに縛られた現在から、持続可能なエネルギー時代へシフトするために欠けている要素を補うもの。この新製品でできるのは、蓄電することだけでなく、ピークタイムの電力利用を安くし、家庭や業務での太陽光発電を利用しやすくすること。これが成功すれば、既存の電力グリッドにまったく頼らないエネルギー生活も可能になる。それを後押しするのは、テスラが電気自動車の開発で推し進めてきた効率的なリチウムイオン電池の生産だ。

次ページ事前予想を大幅に下回る価格
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT