自動車のテスラが放つ、新エネルギーの成否

なぜ電気自動車からエネルギー分野へ?

安倍首相のテスラ本社訪問の当日に、新分野挑戦への発表が行われた

「エネルギーのテスラ」になる?

安倍晋三首相がシリコンバレーのテスラモーターズ本社を訪れた4月30日夕刻、イーロン・マスクCEOは自らモデルSのハンドルを握って、助手席に座る安倍首相に急速に加速可能な電気自動車の試乗体験を提供した。

「ジェットコースターに乗ったようだ」と感想を述べた安倍首相のテスラ滞在は、25分足らず。シリコンバレー訪問で「変化のスピードについていくこと」の重要さを実感したと語った首相だが、何とテスラがその日のうちにエネルギー会社へと変身を遂げる第一歩を踏み出すことになると知っていただろうか。

安倍首相を迎え入れたマスクCEOは、直後に蓄電池の発表へ

安倍首相を笑顔で送り出した後、マスクCEOはロサンゼルス近郊へ飛び、テスラの新製品を発表した。ただし、この新製品は自動車ではない。家庭用、および業務用の「蓄電池」だ。

プレゼンテーションの壇上に立ったマスクCEOが最初に訴えたのは、「われわれには、何もしなくても大量の電力を供給してくれる、太陽という発電機があります」という内容だ。太陽光を無駄なく安価に利用する方法さえ見つかれば、太陽を発電機にすることが本当に可能になる。

今回の蓄電池は、化石燃料を利用する電力グリッドに縛られた現在から、持続可能なエネルギー時代へシフトするために欠けている要素を補うもの。この新製品でできるのは、蓄電することだけでなく、ピークタイムの電力利用を安くし、家庭や業務での太陽光発電を利用しやすくすること。これが成功すれば、既存の電力グリッドにまったく頼らないエネルギー生活も可能になる。それを後押しするのは、テスラが電気自動車の開発で推し進めてきた効率的なリチウムイオン電池の生産だ。

次ページ事前予想を大幅に下回る価格
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。