安倍首相がシリコンバレーを訪問したワケ

テスラのマスクCEOとは笑顔で「再会」

米テスラモーターズのイーロン・マスクCEOとともに、テスラの「モデルS」に試乗した安倍首相

行動無くして、成長なし。時間の許す限り世界中どこへでも出掛け、トップセールスを進めていきたい――というモットーを持つ安倍晋三首相。安倍首相は26日から訪れていた東海岸から30日、カリフォルニア州のシリコンバレーに入った。現職の首相によるシリコンバレー訪問は初めてのことである。

これに先立つこと3週間前、4月7日に東京で開催されたネット関連企業による「新経済サミット2015」で、安倍首相は次の訪米時には「シリコンバレーを訪れたい」とすでに意思表示していた。

日本の中小企業のシリコンバレー進出後押し

冒頭のモットー通り、シリコンバレーでも安倍首相は精力的に各所を訪問。フェイスブック本社を視察したほか、米大手口コミサイトのイェルプのジェレミー・ストッペルマンCEO、ツィッターのディック・コストロCEO、タクシー配車サービスのローガン・グリーンCEOら、若手経営者らとも懇談した。

これに先駆けて、スタンフォード大のシンポジウムでも講演。「シリコンバレーではビッグデータなど新しい概念が生まれている」とし、その概念を取り入れるためにも「中小企業のトップを含む経営者を、シリコンバレーに送り込む必要性を感じた」との考えを示した。今後5年間で、日本の200社を選び、随時シリコンバレーに送り込む「シリコンバレーとんほんの懸け橋プロジェクト」について公表した。

その後、午後4時過ぎには、電気自動車(EV)ベンチャーの米テスラモーターズのパロアルト本社を訪れ、「世界を変える男」とも称される、イーロン・マスクCEOと対面。同社のセダン「モデルS」の最新型P85D(デュアルモーター)に試乗し、マスクCEOの運転で本社敷地内を一周した安倍首相は、「加速が早い。まるでジェットコースターのよう」と感嘆したうえで、「日本も変化のスピードについていかなければ」と語った。

次ページマスクCEOとは何を話したのか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。