外資女が「烈女」になるのにはワケがある

結婚だって、「なんとなく」なんてありえない

 一般の日本人にとっては、いまだ謎の多い外資系企業。その本当の“実態”とは……?
 非・有名私大を出て、埼玉のOLに。その後、外資系金融など経て、現在はシンガポールの世界的IT系企業で勤めるずんずんさんが、世界一つらくて、でも世界一愉快な外資系の日常についてつづります。

こんにちは! ずんずんです。

ジャパンでは景気回復の兆しが見えてきたと伺う今日この頃、皆さまどうお過ごしでしょうか。

私が海外(シンガポール)に働きに出ている間に景気回復だなんて……。

外資系に生息する女性の生態とは……?

くやしい!

乗りたい! そのビッグウエーブに!

全然、乗れてません。

さてはて、玉の輿はいつの時代も全女性の夢ですが、長い間の景気後退の影響か、近頃では若い男性の間でも

「逆タマに乗りたい」

なんて声がちらほらと……。

今日はそんな“逆タマ候補”となりうる、「外資系に勤める女性の生態」についてご紹介したいと思います。

外資女は、もれなく「烈女」?!

外資系に勤めている人は男女にかかわらず、日系企業と比べ給与が高い傾向があります。

初任給は、業種・職種によりますが新卒で、年収500万~600万円ほど。

日系企業が年収300万~400万円スタートから比べると、倍ぐらいのイメージでしょうか。その代わりとして、「明日から来なくていいよ」と言われクビになる確率も格段に高くなるのですが……。

ここら辺につきましては、また別の機会にお話させていただくとして、給与も高く、競争も激しい外資系企業で生き残ってきた女性たちというのは、

ただ者ではありません。

あえて言うなら、烈女です。

戦国の世なら2、3人は殺しているような……そんな感じです。

次ページ烈女たちの伴侶選び
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。