外資女が「烈女」になるのにはワケがある

結婚だって、「なんとなく」なんてありえない

また自身がクビになるリスクがある外資系に勤めているせいでしょうか、同じ外資系に勤める男性を嫌厭するきらいがありました。

こういった男性とはどこで知り合うかというと、大学時代からのつながりが多かったのです。

そして、そこで私は気づいたのです。

私が負け組とかそういうことではありません。やめてください。

外資系に勤めている女性というのは、学生時代から自分のキャリア設定をしっかりと行っているというこです。

お恥ずかしい話、私は大学生時代に「外資系がなんたるか」も知りませんでした。キャリア設定も

「グローバルなサムシングでイケてる仕事をしたい」

とかそんな程度でした。

しかし、彼女たちは学生時代から将来を見据え、女性が働きやすく活躍しやすい外資系を選び、働いていく中できちんと人生の伴侶を見つけていきます。

数ある選択肢の中で、“働く女性になる事を選んだわけです。

見えない3年後を考えることの意味

私がいた外資系企業では年に1度、従業員の目標設定を上司とともに行っていました。そこでは、目標設定の中で今後3年間でどういったキャリアを築いていきたいかというキャリア設定も含まれていました。

当時の私は日々の仕事にいっぱいいっぱいで、将来のキャリアなどまったく考えていませんでした。

目標設定のミーティングで私は上司に言いました。

「3年後のことなんてわかんないっすよ」

失笑ものです。上司も失笑です。

しかし彼も言いました。

「確かに3年後のことなんて誰にもわからない。俺だって3年後、この会社に勤めているかわからない。

しかし、仕事が人生のすべてではないが、今後のキャリアを考えることは、今後の人生を考えることだ。

自分の人生をどうしたいか。そのために会社というリソースをどう利用できるか考えてみろ」

次ページ人間じゃないと言われても……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ戦争は国家総力戦に<br>迫り来る「感染爆発」

東京のロックダウン、病床の不足……。新型コロナウイルスと戦う日本の国家体制を整理し、最前線の医療現場を支える根拠法を踏まえて詳解しました。経済対策はリーマンショック時を上回る60兆円超が見込まれています。