新卒で米国の投資ファンドに就職してみた

TOEFL(IBT) 50点から、まるで「飛び級」のように

サンフランシスコの岡さんのアパートから見下ろすオフィス街

 

TOEFL(IBT)50点からの大躍進!

岡雄大さんは、日本の大学生が至難の業と思うであろうことをやってのけた。新卒で、投資ファンド、しかも本場アメリカの企業へと入社したのだ。プライベー ト・エクイティ・ファンドに入るには大変な競争があり、通常は外資系コンサルや大手投資銀行、さらには時に海外のMBAなどを経て入社するものである。そ れを新卒で、しかもアメリカのファンドへ入り込んでいってしまった。彼はいったいどんな魔法を使ったのだろうか?

【名前/生年月日】 岡 雄大/1986年3月24日)
【学歴】
早稲田大学政治経済学部卒業
【職歴】
Sustainable Capital, Partner and Director Aug 2013 - Present
Starwood Capital Group - U.S. (San Francisco) Feb 2011 - July 2013
Starwood Capital Group - Asia (Tokyo) Oct 2008 - Jan 2011
Starwood Capital Group - U.S. (Greenwich, Connecticut本社) May 2008 - Oct 2008

最初はTOEFL(IBT)が50点そこそこだったという早稲田大学の学生が、ひとり勉強を重ねながらアメリカへ飛び込み、職を手に入れた。日本支部勤務を経て、アメリカ西海岸へ。必ずしも日本人相手のビジネスというわけではなく、対等に外国人たちと競っていかなければならない。戦いの日々だったことだろう。

現在はシンガポールに拠点を移し、パートナーと自身のファンドを立ち上げた。そんな岡さんの過去、現在、そして未来について伺っていきたいと思う。

——いきなりアメリカへ飛び出し、しかもファンドへ就職。どのように異国での就職活動を進めていったのでしょう?

単純に会社へ履歴書などを同封して応募をします。と言っても、実際にあるポストが募集されているわけではないんです。電話やメールで直接連絡を取ってみたり、知人を介して頼み込んでみたり。日本と海外では就職活動のいろはが異なります。

次ページその選考プロセスとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT