グローバル金融ウーマンのキャリアと結婚

パリ、東京、ニューヨークを渡り歩き、国際結婚へ!

 「私が若い英語のできる日本人ならば、日本を出て行くであろう」
そう言ったのは、シンガポールの国父、リー・クワンユーだった。仕事を求めて海外へ出ることは、日本においても現実的な選択肢となりつつある。われわれ日本人が世界中の人材たちと対等に戦っていかなければならない時代は、もはや始まっているのだ。
 しかし世界では、どういった人材が求められているのだろう?
 本連載では、すでに海外でポストをつかみ第一線で活躍する若き日本人の中でも、いわゆる「駐在員」ではなく、「現地雇用」を得た人たちに注目したい。彼らの素顔、「海外出稼ぎ」の中で直面した困難や仕事の面白み、そして経済的な事情や日々の生活スタイルなどなどに触れることを通して、世界がこれからのわれわれに何を求めるのか、いわば「世界の募集要項」が何であるのかに迫っていく。
「海を渡り、世界で戦う」ことは、すでに人生の選択肢のひとつとして存在するのだ!

パリ、東京、ニューヨーク、そして国際結婚でパリへ

【名前、生年月日】 金子はな(1984年6月8日生) 【学歴】 上智大学外国語学部フランス語学科卒(2003/4〜2008/3)、パリ・ソルボンヌ大学大学院・ドフィーヌ大学大学院国際経営学修士(MBA)修了(2008/7〜2009/6)。 【職歴】 ゴールドマン・サックス証券株式会社 信用リスク管理・アドバイザリー部(2009/10〜2012/9)、日系メガバンクのニューヨーク支店(2012/11〜2014/5) 。
※写真は、2014年初夏職場近くのブライアントパークにて。左が金子さん。

金子はなさんは、あふれる好奇心を押さえ込まず、自身の思うままに人生を歩んできたように見える人だ。パリの大学院で経営学を学び、東京でのゴールドマン・サックス勤務を経て、日系メガバンクのニューヨーク支店に現地採用された。

しかし、何やら今度は、ニューヨークで出会ったフランス人の男性と結婚し、生活拠点をパリへ移すという。

「自分のやりたいこと、キャリアを優先してしまう人間だった」と自身を語る彼女だが、今回の決断に際しては、自分の内面的な変化に少し驚いてもいるようだ。

ひとつの経験が、次につながるきっかけをくれる。そう語る金子さんは、人生を、螺旋階段にたとえる。彼女の人生観やこれまでの経験から、国際的なキャリアを築くうえでの留意点、またグローバル人材として世界で活躍する女性の結婚観などを、のぞき見ていきたい。

次ページフランス語での喧嘩にも勝った留学時代
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT