グローバル金融ウーマンのキャリアと結婚

パリ、東京、ニューヨークを渡り歩き、国際結婚へ!

――よくそんな決断をあっさりと!

実は自分でもびっくりしています。私はどちらかというと、自分のやりたいことを最優先して人生のプランを考えるタイプでした。

でも、フランス人がそうなのか、彼が特にそうなのかはわかりませんが、彼には、自分の人生をある意味で犠牲にして、パートナーと生きる選択をする、という気質があります。

それに、どこか感銘を受けたのかもしれませんね。いずれにせよ、自分の思い出の地であるパリへ、このような流れで戻ることになるとは驚きですが、感慨深くもありますね。

「語学力」「専門性」「意志・フットワーク」

――とにかく、おめでとうございます。 すてきな話が聞けてうれしいです! 最後に、この連載のお決まりの質問をさせてください。ご自身が海外を舞台に活躍できているのは、先天的な才能のためだと思ったことがありますか?

才能というより、意志の問題、さらには着実に歩みを進めることができるか、だと思います。私の場合は、生まれが海外だったことが、海外に興味を持つきっかけにはなりました。

この10年を振り返ると、大学でフランス語を学んでいたことで、奨学金つきでフランスの大学院へ経営学を学びにいくことができました。そこで経営学を学んだことがフックになって、ゴールドマンの就職が決まり、さらに、その金融の経験がアメリカへと橋渡しをしてくれました。そして、そこで出会ったフランス人が、パリへ戻るきっかけとなりました。

一度にすべて手に入れようとすると難しいので、今、20代なら焦らずに、着実に望む方向に近づいていけばいいのかなと思います。

パリで仕事を探すことになるので、また新しいエッセンスを取り込めたらいいなと思っています。金融×アフリカ関連ビジネスとかできたら面白いな、とか。

「語学力(英語+現地語)」「専門性」「意志の強さ・フットワークの軽さ」のうち2つそろっていればGOサインだと思います。

ひとつだと心もとないですね。3つそろうのを待っていたら年をとりすぎてしまいます。変化を楽しみながら、強い向上心を持てる人が、海外で働ける人なのではないでしょうか。

インタビューを終えて

変化を楽しみながら、強い好奇心をもって進んでいく、まさに国際的に活躍するメンタリティを金子さんは持っているな、と強く感じた。

「ひとつの経験が、次のチャンスへと橋渡ししてくれる」、と本人も語るように、大まかな方向性はありながら、その時々の流れや縁を大切にして生きていく。そうすることで、たくさんのすばらしい機会に巡り合えることを、彼女の人生は教えてくれる。それはキャリア面でもそうだし、恋愛や結婚などプライベートの面でも言えることである。

金子さんの人生に、次はどんな展開が待っているのだろうか? つねに挑戦を続けていってほしいと、陰ながら筆者も応援している。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT