グローバル金融ウーマンのキャリアと結婚

パリ、東京、ニューヨークを渡り歩き、国際結婚へ!

文句を言ったら、大げんかになりました。口論の末、激怒したおばさんは店を出て行くことになりました。

小さなことですが、思ったことを主張していく、そして相手を制す、ということを海外でトラブルを乗り越えて行く術として、学んだ気がします。

――すごいですね(笑)。そんな経験、自分にはないな……。金子さんは、いろんな意味で、「日本人ぽさ」がないですよね。

いえ、そんなことも実はないかもしれません。初めて留学したときには、頭の中で「君が代」が流れてきたこともあって(笑)、自分がどこまでも日本人で、日本が大好きだということを強く意識しました。

MBA取得後、ゴールドマン・サックスへ

――金子さんは、上智大学を卒業した後、またフランスに戻って、大学院で経営学を勉強しました。しかし、その後は日本に戻って、米系の投資銀行に勤務しています。このあたりの進路決定の背景はどういったところでしょうか?

2009年にパリでMBAを修了して、帰国するとき、泣いたのを覚えています。人生に何かの区切りがつくとき、私はいつも次に何が始まるのか楽しみで仕方なかったのですが、なぜかこのときだけは泣きました。おそらく、「日本に帰るしかない」という現実が悲しかったのだと思います。

当時はリーマンショック後の就職氷河期で、ビザもない日本人が、フランスで希望の仕事を得るのが難しいことは、火を見るよりも明らかでした。私はやはり、自分のやりたい仕事を選びたかった。

きちんとした専門性を持って、いつかまた挑戦しようと思って、いったん帰国を決意しました。そこで、入社したのが、ゴールドマン・サックスの東京オフィスでした。

キャリアをコントロールしやすい部門別採用

――ゴールドマン・サックスで行っていたのは、どんな業務ですか? 専門性を持とう、という明確な意志があったわけですね?

ゴールドマンでは、信用リスク管理業務として、企業の財務分析能力を培えることが入社前から期待できました。日系企業だと、そもそも部門別採用をしていることが少ないので、自分でキャリアをコントロールしにくいな、と就職活動をしている際に、感じたことを覚えています。

後から振り返ってみれば、プレゼンや会議のファシリテーションなどが英語ベースで、日本にいながら国際的な環境にあったことも、後のキャリア形成を助けてくれました。

――なるほど。確かに、日系だと部門採用は少ないですよね。しかしその後、メガバンクのNY支店へ現地採用で入行します。どこで情報を入手し、どういった選考プロセスで内定が決まったのですか?

1週間ほどニューヨーク旅行に行った際に、ものは試しと、金融業界に強いヘッドハンターにコンタクトを取り、自分のプロフィールに合うポジションを紹介してもらいました。

次ページ現地採用された日本人はオフィスの1割
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT