海外赴任1年目、その本当のところとは?

はじめての「出稼ぎ」生活! 使える知識を短期間で習得できた理由

 「私が若い英語のできる日本人ならば、日本を出て行くであろう」
そう言ったのは、シンガポールの国父、リー・クワンユーだった。仕事を求めて海外へ出ることは、日本においても現実的な選択肢となりつつある。われわれ日本人が世界中の人材たちと対等に戦っていかなければならない時代は、もはや始まっているのだ。
しかし世界では、どういった人材が求められているのだろう?
本連載では、すでに海外でポストをつかみ第一線で活躍する若き日本人のなかでも、いわゆる「駐在員」ではなく、「現地雇用」を得た人たちに注目したい。彼らの素顔、「海外出稼ぎ」のなかで直面した困難や仕事のおもしろみ、そして経済的な事情や日々の生活スタイルなどなどに触れることを通して、世界がこれからのわれわれに何を求めるのか、いわば「世界の募集要項」が何であるのかに迫っていく。
「海を渡り、世界で戦う」ことは、すでに人生の選択肢のひとつとして存在するのだ!

日本は、好きだけど……

「私が若い英語のできる日本人ならば、日本を出て行くであろう」

これを受けて、「今こそ、日本の若者は自分の生き方を考え直さなければならない!」と、慌てた方もいらっしゃるだろうか?

著者の生活の場はインド。休日、デリーの市場にて

私はこの発言に何の驚きも感じない。偉大なる政治家と同じ視線を持っているなどと言うつもりは毛頭ないが、彼の意見にまったく同感である。現に今、私は島国を出て、インドでコンサルタントとして生活している。

とはいえ、まず前提としてご理解いただきたいのは、私は日本が好きだということだ。こんなにも豊かで、暮らしやすい国は、ほかにはないだろう。インドと比較したら、日本がどれだけ天国に見えるかは、言うまでもないだろう。

しかし、2050年の世界GDPランキングにおいて、日本が世界第何位と予測されているかをみなさんはご存じだろうか?

次ページ海外「出稼ぎ」の時代到来!?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT