「就活エリート」の高笑い、「普通の学生」の涙

就活「2016年問題」で得する学生、損する学生

就活「後ろ倒し」で、大学の偏差値がこれまで以上に重視されるようになる。(撮影:尾形 文繁)
就活「後ろ倒し」で何が起きるのか、それにどう対処するべきなのか。学生・企業双方の立場から、就活「2016年問題」を徹底的に解説します。
学生:(連載第1回を読んで)なるほど……僕たちの就活は、「後ろ倒し」によって、これまでとだいぶ状況が変わるんですね。でも、みんな条件が同じなんだから、特に心配する必要はないんじゃないですか?
曽和:そうだったら、この連載も始まっていないし、『就活「後ろ倒し」の衝撃』なんて本も書かなかったんだけどね……。「後ろ倒し」で企業が採用のやり方を変える以上、学生にも当然、影響は出る。問題は、その影響の出方が、学生一人ひとりによってまったく違って、得する学生も損をする人も出てきちゃうってことなんだ。
学生:マジっすか!? 僕は、どっちなんでしょうか?
曽和:それは君次第だから、何とも言えないなぁ。じゃあ今回は、後ろ倒しによって得する学生、損する学生をテーマに、話していくことにしよう。

 

連載第1回「『リクナビ悪者論』に物申す」では、就活後ろ倒しによって、企業の採用活動がクローズド化してしまうことを説明してきました。企業の行動が変われば、応募する側の学生も、その影響を避けて通ることはできません。

しかし、上の囲みで私が学生に伝えているように、すべての学生に同じような影響が出るわけではありません。大きく損をすることになる学生もいれば、反対に得をすることになる学生も現れると見込まれています。

損をする学生と得をする学生を分けるのは、「大学の偏差値」「就活への意欲」です。今回は、この2つの軸で学生を切りながら、どんな学生が得をしてどんな学生が損をするのか、解説していきましょう。

次ページ学生の運命を分ける2つの軸
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT