「リクナビ悪者論」に物申す

就活を激変させる「2016年問題」とは何か

リクルート主催の合同会社説明会の様子(撮影:今井 康一)
学生:僕たちのときから、就活が後ろ倒しにされるんですよね。遊べる時間が増えて、うれしいです。まあ、長期休みのインターンシップだけは、面倒ですが……。
曽和:え!? いやいや……そんな悠長なことを言っていたら、確実に出遅れちゃうよ!

 

就活「後ろ倒し」で何が起きるのか、それにどう対処するべきなのか。学生・企業双方の立場から、就活「2016年問題」を徹底的に解説します。

初めまして。新連載「就活『後ろ倒し』の衝撃」を担当する、曽和利光です。普段は、大企業から中小企業まで多くの企業に対して、主に人事政策上のコンサルティングをしています。

さて、冒頭の囲みは、就職活動を来年に控えたある学生さん(大学3年生)との会話です。彼が言っているように、今の大学3年生が就活をすることになる2016年度採用から、説明会解禁が3カ月(大学3年生の12月→大学3年生の3月)、面接をはじめとする採用選考解禁が4カ月(大学4年生の4月→大学4年生の8月)、後ろ倒しされます。この連載では、後ろ倒しによって就職活動がどう変わるのか、学生や企業にどんな影響があるのかを解説していきます。

「就職活動の時期がずれるっていうテーマだけで、連載!?」という声が聞こえてきそうですが、今回の後ろ倒しは、みなさんが想像する以上に大きなインパクトを持った一大事なのです。「就活2016年問題」とも言われるこの問題の影響は大きく、すべてを網羅的に説明しようとしたら、書籍1冊分に匹敵するほどです(その影響をまとめた拙著『就活「後ろ倒し」の衝撃』が、好評発売中です。ご興味のある方はぜひ、手にとっていただければと思います)。

次ページリクナビの功罪
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT