本当のホワイト企業、"トップ5"はどこか

新入社員に優しいだけでは、真のホワイト企業ではない

「ホワイト企業総合ランキング」のトップは東芝に(撮影:尾形文繁)

どうすれば、本当のホワイト企業を見つけられるか?

「ホワイト企業」とは、どんな企業だろうか。今までは、いわば「ブラック企業」の対極にある企業の総称として、ネットなどで使われてきた。「東洋経済オンライン」でも、新入社員に優しい『ホワイト企業』ランキングトップ300」を掲載。「新卒3年後の定着率が高い企業」を、ホワイト企業の一つの条件として注目してきた。

確かに就活生にとって、入社3年後の離職率が低い企業であれば、「入社直後に理不尽な目にあうことは少ないだろう」と予想できる。ただ、このランキングは、あくまでも入社直後に注目した話であり、このデータだけで企業の総合評価をすることは難しい。

では、「本当のホワイト企業」とは、どのような会社であり、どうすれば見つけることができるのだろうか。この連載では、その「見つけ方」について、できるだけわかりやすく解説するつもりだ。

具体的には、「多面的な指標」を、「総合的に判断する」ことが必要になるわけだが、まず行うべきなのは「客観データ」を確認することだ。なかでも、信頼できる機関が作成する、企業に関するランキングを見てほしい。

次ページ4分野を中心に判定、総合1位は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。